第22回姫路・神戸・明石合同スピーチ発表が、近づいています。

0

    毎年秋に開催される「合同スピーチ発表会」

    神戸、明石、姫路でスピーチを学んでいる人が集まって

    3分間スピーチの発表会をします。

     

    なんと!

     

    今年でもう22回になるんですね。びっくりです!


     

    今年は、明石がお当番です。

    明石といえば、タコが有名ですよね。

     

    そのタコが大きく描かれた案内状です。

    見ただけで、「クスッ」と笑ってしまいそうです。

    この案内状からわかるように、

    明石のメンバーのスピーチは、どんな話でも最後にオチをつけるというか・・・

    笑いを取るという事を、大事にしていますね。

     

    神戸は、元気がいいです。

    大きな声で、「こんにちは!」と第一声を出すので、

    思わず聴かなくちゃ!という気にさせられます。

     

    さて、私たち姫路は、どうなんでしょうか?

    真面目で、上品で、エレガントで・・・・

    と、自分たちでは思っているのですが、

    他のグループにはどう映っているのでしょうか?

     

    普段の練習と違って、聴き手も多い場所で3分間スピーチを

    発表するのは、貴重な体験です。

     

    参加者の皆さんが、普段の練習の成果が出せる事を祈っています。

     

    と、同時に個性豊かな他のグループの皆さんとの交流も楽しみな発表会です。

     

     

     


    夏の思い出

    0

      先日、加西北部公民館の話し方教室でした。


       

      道中は、稲がすくすく育って緑色の田になっていました。


      この日のテーマは、「夏の思い出」

      なんと、お二人の方が今まで生きてきた中で、1番の夏の思い出は

      「ご主人と出会った夏」というお話をなさったのです。

      Tさんは、「人生で1番の夏」というタイトルでした。
      友人に誘われてついて行ったらば、そこに男性がいて。

      その人は、どこも嫌と思うところがなくて、夏に出会って次の春には結婚なさったそうです。


      「今は、ときめくこともないけれど、これからも仲良く2人で過ごしていきたい」
      聞いているこちらもほっこりと笑顔になるようでした。


      やはり、仲のいい話はいいですね。

      もうお一人のKさんは、
      スイミングスクールのコーチだったご主人と始めて出会った夏の話。

      「子供さんに泳ぎを教える楽しそうな顔、笑顔がすてきだな。」と。
      さりげなく仕事の話をして、名刺を渡して。その名刺の裏には携帯番号を書いていたそうです。

      そして、ようやく初めて花火大会を見に行くことができた。
      ドキドキして、ときめいて楽しい夏だったなぁ!

      こちらのお話も、聞いていて恋のはじめのドキドキ感を思い出しましたよ。

      話し方教室では、自分が話すのは3分です。
      後の87分は聞いています。

      ですから、聞き方教室でもあります。

      長い年月、人さまのお話を聞いてきて思う事は、
      人の話を聞くのは楽しい!

      例えば、この日のTさんのスピーチからは、 これからの自分のお手本の姿を教えていただきました。

      Kさんは、忘れてしまっていた感情を呼び起こしてくれました。

      それぞれの人にある夏の思い出。

      こんどは、あなたの思い出を聞かせて頂きたいです。

      加西北部公民館 第2水曜日 午前10時から11時半
      「話し方教室」を開催。


      いつからでも参加できます。
      お問い合わせは、
      加西北部公民館 〒675-2432 

      加西市満久町230番地

      TEL 0790-45-0103

      FAX 0790-45-0886

      EML hokubu@city.kasai.lg.jp

       

       

      今年の夏は、サルスベリの花は今のところひとつだけ


       

       


       


      ゆったりとおいしく頂く和食のマナー

      0
        4月10日、話し方教室の生徒さんのリクエストで、「和食のマナー講座」を開催致しました。

        その事を、ご参加下さった「ときめき片づけコンサルタント」の山田紀子さんが、ご自分のブログにお書き下さいました。


        このように感じて下さった事が嬉しいです。

        ・和食の基本の正しい箸つかい ・お茶碗の持ち方 ・料理の頂き方のポイントなど 他の参加者の方々は よくご存知だったので ほぼマンツーマンで教わりました。 ここまできっちりと 教わったのは初めてで 一生懸命やってしまい 肩に力が入りぎこちない〜 何を食べているかわからない〜 のりちゃん! まずは自分がゆったりと おいしく頂くことが大切よ! そうすれば 和食のマナーは 自然に美しくなるものよ! 和食の心は 五感をフルに発揮することよ! と栄味子先生がおっしゃる ふむふむお料理を 五感で感じおいしく頂くって 自分の感情を使いおいしく頂く おーーーーー! これって 自分の感情を使い ときめく=おいしく頂く ときめき片づけと同じだわ! まずはおいしく頂くこと まずはときめきを感じること そうそう それが一番大事なのよ?? そういえばみなさま おいしく頂いてはる 所作もマナーも自然で美しい! おーーーーー! ときめいている方々を! たくさん見つけました!」













        自己紹介で、落ち着いて名前を言えるようになりました。

        0

          3月14日(水)、加西市北部公民館の「話し方教室」。

          今年度は、この日が最後の活動です。

          今まで4年間続いていますが来年度からの講座は、

          4月の受講生の人数によって確定されます。

          さて、来年度はどうなるでしょうか?

           

          ともかく、今年度はこの日が一応の区切りです。

          最終回の教室でする事は、決まっています。

           

          全員で、お茶とお菓子を頂いて「1年を振り返る」スピーチをする。

          お菓子とお茶の準備は、1年間会計を担当下さったNさんが、ご用意下さいました。

          お団子には、抹茶ラテを。

          ケーキには、コーヒーを。と、お菓子に合わせて飲み物も工夫下さいました。

          ありがとうございました。



          いちごのロールケーキ!

          美味しかったです。



          司会、はじめの挨拶、乾杯の発声、終わりの挨拶を、その場のくじ引きで決めます。

          皆様、当たった役をすぐ実践。

          「ああだ、こうだ。」と言わずに自分が引き当てた役を潔く実行しようとする。

          話し方を学んでいると、このような態度が身につきます。

           

          「まとまっていないのですが・・・」

          「つまらない話なのですが・・・」と、話の最初に言い訳をするのは、やめましょうと

          お伝えしています。

          3分しかない時間のスピーチの最初に20びょうも30秒も言い訳をしていたら、

          とてももったいないですよね。

          ですので、言い訳はしない。

          覚悟を決めて、話し出すと言うことを練習しているので、

          くじ引きで何か当たった場合も、覚悟を決めて

          取り組むという事になるのだろうと思って見ておりました。

           

          乾杯の後、しばしのもぐもぐタイム。

          その後、全員で振り返りのスピーチです。

           

          その中でお一人の方は、

          「自己紹介できちんとお辞儀ができて名前をフルネームで言えるようになりました。

          4年かかりましたが、今はこれだけできれば後は何か一言二言加えたらいいので、

          落ち着いて自己紹介ができるようになりました。」

          とおっしゃいました。

           

          「よかったです。本当に、よかった!」と、このような振り返りをお聞きすると嬉しくなります。

           

          最後に、全員で記念撮影。

          また、この素敵な皆さまにお会いできますように。



          最近夢中になっている事

          0

            2月の加西北部公民館での「話し方教室」である生徒さんが

            「最近夢中になっている事」をお話下さいました。

             

            何だと思いますか?

            それは、字を書くことだそうです。

             

            小学生の次男が、習字を習いたいと言い出したので

            私も一緒に習うことにしました。

            字が汚ないとコンプレックスだったから、ちょうど

            いい機会だと思って。

             

            すると、先生のお手本を真似して書くと字がきれいに

            なるのです。

            字を書くのが、とても楽しくなりました。

            百均で、漢字練習帳というドリルを買ってきて

            時間があるといつも字を書いています。

             

            もっともっと字を書くことができるようにするには

            どうしたらいいかな?と考えてみて漢字検定を受けることにしました。

             

            私が漢字検定を受ける事に決めると、

            長男もそれまであまり漢字に興味を持っていなかった長男も

            「僕も受けたい」と言出しました。

             

            と、習字に出会い、感じに夢中になっている様子を

            お話になりました。

             

            私は、赤字で書いたところ、

             

            「いつも字を書いている。

            もっともっと字を書きたい。」というところがとても心に響きました。

             

            まさに夢中になって、ほかの言葉で言えば取り憑かれて

            ペンを持っているのだろうとその姿が浮かんできます。

             

            何かに取り憑かれるように夢中になるって、素敵なことですよね。

            (日常生活に支障が出るのは困りますが。)

            そのお話をする彼女は、とても生き生きとして素敵でした。

            そして、その姿は私にも何かに夢中になって取り組みたいという

            気持ちを起こさせました。

             

             

            もうすぐ、春。

            何かのスタートを切るのにふさわしい季節です。

            この春は、何かに取り憑かれてみたいと思った

            「最近夢中になった話」でしたよ。

             




             

             

             


            今年の抱負を語りました

            0

              2018年の初めての話し方教室。

               

              毎年、年の初めのスピーチのテーマは決まっています。

              そう!

              「今年の抱負」です。

               

              言霊と言う言葉がありますね。

              言葉には、力があります。

              年の初めに、抱負を声に出して語る事は大きな意味があると思います。

               

              私が、話し方教室の生徒だった時も、新年の第1回のテーマは、「今年の抱負」でした。

              多分、私はこの教室に通っていなかったら、

              「この1年はこのように過ごしたい。」とか

              「今年はこんなことをしたい。」とか、考える事はなかったかもしれません。

              まして、それを誰かの前で発表するなんて。

               

              毎年、抱負を考える機会を持てたことは、話し方教室に通ってよかったと

              私が思う事の一つです。

               

              ですので、私が講師になってからも、生徒の皆様には

              「今年の抱負」を語って頂きます。

               

              今日、加西北部公民館と神戸新聞文化センター姫路で、受講生の方は

              このような抱負を語られました。

               

              Tさんは、「一読十笑百吸千字万歩」

              毎日、1つ何か読む。10回笑う。100回深呼吸する。千字書く。万歩歩く

               

              Kさんは、運動を頑張る。 ヨガ・走る

               

              Mさん  人の話を最後まで聴く

               

              Hさん  夫と一緒に社交ダンスやゴルフをしたい

                   

              Hさん  前向きにいきたい

               

              Mさん  悪い事は考えずに、赤・白・ブルーのような原色を着て頑張る!

               

              Uさん  1は、健康   2は、国内旅行

               

              Yさん  発信する!  ときめき片付けを言葉で表現する

               

              Yさん  筋肉をつける 何かスポーツを始めたい

               

              私    勉強する 11月11日に茶道検定受けます 合格します

               

              「あ〜、言っちゃった。こうなると、やるしかないです。」

               

               

                    

               

               

               

               

               

               

               


              加西市ふるさとの祭典、頑張りました

              0

                11月4日(土)加西市泉中学校で行われた、公民館の学習発表会の

                「ふるさとの祭典」

                 

                私達、話し方サークルも司会を担当致しました。

                それぞれ自分のパートは、練習して本番に臨みました。

                 

                予定外の出来事が次々とありましたが、なんとか皆さん声を出して

                進行を続けられたのは、よかったですね。

                 

                今回の予想外の出来事。

                 

                既に来賓紹介が始まっているのに「今、〜〜議員がいらっしゃったので、次に紹介して。」

                「〜〜議員さんがいらっしゃったので、〜〜さんのあとに入れて下さい。」

                「〜〜さん、欠席です。」

                「〜〜さんの紹介が抜けていたよ。」

                立て続けに言われると、マイクを持って原稿を話すだけで精一杯なのに

                頭が真っ白になりますよね。

                でも、自分の言葉でなんとか最後までやりきりました。

                本当に本当に、頑張りましたよね。

                 

                あと、「この催しの案内を民謡研究会の発表のあとに入れて」

                「車の鍵の落とし物があるから言って」

                「お昼休憩にゲームをするから、この会場の戻るように言って下さい。」

                「キーホルダーの落とし物があるので、言って下さい。」

                 

                突然言われると、本当に困りますよね。

                次回は、こういうハプニングの原稿も用意しておきますね。

                ご紹介者が増えた時・落とし物・催し案内、今後も十分に予想されることですね。

                 

                今回の体験は、皆様が司会の幅を広げる事の役に立った事と

                思います。

                私も、学ばせて頂きました。

                来年も、頑張りましょうね。

                 

                胸におそろいのトンボのブローチをつけました。

                 

                じゃんけんゲーム、盛り上がりました!

                 

                グーを出す拳にも力が入ります。


                腹話術サークルは、川柳の披露


                来年は、さらに素晴らしい「ふるさとの祭典」になるように

                私達話し方サークル(名前は四つ葉クローバーというのですよ)

                頑張りましょうね。

                そして、楽しみましょう!


                第42回北部公民館 ふるさとの祭典が開催されます

                0

                  文化の秋ですね。

                   

                  加西市北部公民館でも「ふるさとの祭典」と題して、

                  登録グループの皆さんが日頃の練習の成果を発表なさいます。

                   

                  民謡・トランポリン・フラダンス・大正琴・合唱などなど。

                   

                  私達「話し方教室」も司会で参加します。

                  今年で、3年目になるので皆さんも少しは余裕がありそうですよ。

                  みんなで、おそろいのブローチをつけようなんて声も。

                   

                  ともかく、

                  「明るく楽しく歯切れよく!」

                  笑顔で楽しみましょう。

                   

                  よろしければ、11月4日9時半〜14時半

                  加西市泉中学校体育館へ、いらして下さいね。

                   



                   


                  「コスモス、咲きましたよ!」と鏡の話

                  0

                    昨日、咲いてくれるのが待ち遠しいと書いたコスモス。

                    咲きましたよ!


                     

                     

                    ほら!

                    一夜明けて、こんなに咲きましたよ。

                    窓の外も明るいでしょう?

                    朝です。

                     

                    ところで、観察力の鋭い方は、昨日の写真にはなかった物を

                    発見なさったかもしれませんね。

                    そう!

                    鏡です。

                    実は、この鏡はいつも流しの前に置いてあるのですが、

                    昨日写真を撮る時に

                    「あまり、きれいじゃないし、高価な物でもないので、どけておこう。」と

                    少しの間、違う場所に動かしていたのです。

                     

                    でも、いつもは流しの前にあって、ちょうど洗い物をする私の顔を映してくれます。

                     

                    この鏡は、私の話し方の恩師「森恭子先生」の真似をしています。

                    話し方の講師として、アナウンサーのトレーナーとして

                    大変お忙しくなさっていた恭子先生。

                    母として妻として嫁として、そして娘として決して手を抜かない生活もなさっていました。

                     

                    先生は、おっしゃいました。

                     

                    1日の中で1番長く自分が過ごす場所。

                    それは、台所の流しの前。

                    そこに鏡を置いて、にっこりとして自分の表情をトレーニング。

                    ミラートレーニングです。

                     

                    この話を聞いて、私も流しの前に鏡を置くようになりました。

                    朝起きてきて、自分の顔に向かって「おはよう」と微笑む。

                     

                    鏡は、大切な友達のような存在です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     


                     

                     


                    コスモスを頂きました

                    0

                      9月27日の話し方教室で、スピーチの題材にコスモスを選んだUさん。

                      家の周りに咲いているコスモスを持って来て下さいました。

                      車の中でお水がこぼれないように運転するのも大変だったと思います。

                      いつも楽しい小道具をお持ち下さって、ありがとうございます。

                       

                      お部屋の中に、お花があるといいですね。

                      この日は、いつもの教室が華やいで見えましたよ。


                      教室の後は、コスモスを頂きましたので

                      家に飾りました。

                       

                      1月から「片付けコンサルタント」の方のご指導を受けて

                      古いながらもすっきりした台所。

                      以前は、ガステーブルの前の棚には、塩、砂糖、コショウ、醤油、サラダ油などの

                      調味料が並んでいました。

                      ごじゃごじゃしていました。

                       

                      「何も置かない。そうすると、掃除もしやすいでしょう。」

                      なるほど、調味料はケースにまとめて入れてガステーブルの下に置く。

                      必要な時は出してきて、終わると毎回しまう。

                      なるほど!

                      すっきりして掃除もしやすくなりました。

                       

                      そして、更に一言。

                      「ここにお花を飾る。」

                       

                      なるほど〜〜〜!

                      ここにお花を置くなんて思いもしなかった。

                      で、それからできるだけお花を飾るようにしています。

                       

                      頂いたコスモスもさっそく置いて見ました。

                      備前の小さい花瓶です。

                       

                       


                       

                      たくさん頂いたので、蕾は流しの前に。

                      以前は、三角コーナーとスポンジを置くラックもあったのですが、

                      今は置いていません。


                      食器洗い器の白いホースが見えていますが、

                      今は使った食器をすぐ洗うと、あまり必要ないかな?

                      これも片付けようかと思っています。

                       

                      コスモスの横は、くまモン。

                      熊本へ行った時に自分のお土産に買ったもの。

                      お昼だと太陽を浴びて、右に左に揺れて

                      私を励ましてくれているように思えます。

                      このくまモンは、片付けられない。

                       

                      3分間スピーチも同じですね。

                      ついついあれもこれもになってしまいがちですが、

                      いらないものはそぎ落としていって、

                      これだけは削れないという1つに絞る。

                       

                      すると、この流しがすっきりしたように

                      話もすっきりします。

                       



                      コスモスは蕾がたくさんあります。

                      咲いてくれるのが、待ち遠しいです。

                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:149
                      最後に更新した日:2018/09/19

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM