お得です。

0

    日差しも、春ですねぇ。。

    早く本当の春が来てほしいものです。


    3月11日(水)
    加西市北部公民館の「話し方教室」の 今年度最後の会でした。

    年度末の会は、茶話会と決まっています。
    Mさんが、今年の干支のネズミを描いたランチョンマットをお持ちくださいました。



    お菓子を並べるとこんな感じ。




    この日は、1年間を振り返ってというテーマで、スピーチして頂きました。 「お得です。」というのは、Mさんのスピーチ。

    日本画もなさるMさんは、

    「話し方教室は、お得です。
    材料も道具もいりません。
    作品を置いておく場所もいりません。
    いつでもどこでも練習できます。」

    実体験に基づいた言葉は、説得力があります。
    言われてみれば、そうですよね。
    話し方は、自分がその気にさえなればすぐ練習できます。
    特に今は、マスクをしている時が多いので電車の中でも、こっそり口を動かして練習できますよ。 声は出せませんが。。



    そして、こうおっしゃるのです。
    「作品は、私自身です。」



    ほんとに、その通りです。

    私たちは、言葉を磨くという事を通して、自分という作品を作ってきました。どんな作品に仕上がったのでしょうか?



    輝く笑顔が1年の学びの成果を表していますよ。



    来年度は、新メンバー獲得のポスターを作りましょう!と、前向きな意見も飛び出して、私も皆様から元気をたくさん頂きました。
    来年度もどうぞよろしくお願いします。


    話し方教室は、来年度は5月から始まります。

    毎月第2水曜日10時〜11時半
    場所は、加西北部公民館。

    ※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※ こんな方にいらして頂きたい
    緊張して話せない
    話がまとまらない
    何を話していいかわからない
    あがってしまう
    自然な笑顔ができない
    早口になる
    声が小さい
    きちんとした立ち居振る舞いを知りたい 自分の言葉でしゃべりたい などなど。
    話し方で困っている方、 どうぞ一度気楽に見学にお越し下さい。5月から、また新しいスタートです。
    お待ちしています!

    < 加西北部公民館 〒675-2432 
    加西市満久町233番地10
    連絡先 TEL 0790-45-0103 FAX 0790-45-0886 Email hokubu@city.kasai.lg.jp


    私の耳に春が来た

    0

       

       





      落語会の告知です。

      日時: 3月22日(日)10時から

      場所: 亀山本徳寺 桜の間

       


      木戸銭:五百円

      当日は、楽市楽座も開催されます。

      ご都合がつけば、ぜひお越し下さい!

       

       *************************************

      さて、先日の話し方教室でMさんのタイトルは「私の耳に春が来た」

      このタイトルを聞いて、
      「あ〜、早くもウグイスの鳴き声を聞いて私の耳に春が来た!」というありふれたスピーチになるのではと

      危惧した私をサラリとかわし、全く違うスピーチでした。

      今から5年ほど前から、耳が聞こえにくくなったというMさん。
      テレビを見ていると、
      「音が大きすぎる。もうちょっと小さくして!」というのが奥様の口癖に。

      テレビの音が割れて聞こえる。
      喫茶店でも斜向かいに座っている人の言葉が聞き取れず、わからないのに分かったふりをしている。
      これはほっておけないと耳鼻科を受診。
      「中程度の難聴」と診断され補聴器をつけることに。
      すると、
      小鳥のさえずりや、雨の日に傘を打つ雨音が聞こえる。

      思わず、足をとめて聞き入る。

      反面、風の音がバタバタ!

      歯磨きのシャリシャリ!と聞こえて、耳障りに。

      人間の耳というものは、必要な音はしっかりとキャッチし、

      耳障りな音は緩和して聞こえるようになっていたのだと、始めて気がつきました。

      でも、いいのです。多少の耳障りはOK!

      なぜなら、補聴器をつける事で、私の世界は変わりました。

      今まで聞こえなかった自然の音や、わかったふりをしていた仲間との語らいも

      ちゃんと聞こえるようになったのです。

      私の耳にも春がきました。

      ****************************************

      このスピーチをお聞きして、

       

      「あぁ、そうだったんだ!耳に春が来たというのは、失っていた聴力を取り戻した喜びだったのだ。」と

      納得しました。

       

      今年の春には、Mさんの耳にウグイスはどんな鳴き声を届けてくれるのでしょうか?

       

      きっと、美しい音色だと思います。

       


       

       


      ふるさとのなごみ

      0

         

        1月は、お正月や成人式もあるので、

        着物姿の女性を見る事も多かったですね。

         

        このお人形たちは、先日作ったもの。

        まだ髪をつけていない子もいますが、

        出来上がるとそれぞれにみんな可愛い!

         


         

        さて、先日の話し方教室のテーマは、1月でしたので「お正月」

         

        そこで、Nさんは「ふるさとのなごみ」というお話しをなさいました。

         

         

        『定年退職して、都会からふるさとに帰ってきた。

        そこで、神社の役をしていて感じた事を話します。

         

        足の神社として有名なこの神社はお正月には3000人の初詣があり、年末から準備に追われます。

        しめ縄、門松、神社に至る道までの夜間照明、鳥居の塗装。

         

        鳥居の塗装は、汚れを落としはがれたところにはパテを埋め、下塗りをして朱色の塗料を塗っていく。

        ほとんどが高齢者のメンバーがつなぎの作業着を着て脚立をあがっていきます。

        けがをしないように気をつけて、下にいる者も

        「おーい、気をつけてな。」

        みんな年をとって、体がえらいはずなのに、このように代々受け継がれている作業によって、

        神社はりっぱに続いている。

         

        「みんなえらいな。自分もしっかりしていかなあかん。」

         

        お役の先輩が

        「お供え受け取ったら、ありがとうと言うのと違うで。

        お預かりします。受け取ったら、すぐに名前を張り出してな。」

         

        このように村の人と交流できる空間は、都会のサラリーマンと違う空間です。

        奉仕作業や、その後の憩いの場は、かけがえのない人との交流を与えてくれます。

         

        除夜の鐘が鳴り、真夜中の冷気が体を包んできますが、その寒さが気にならない

        ふるさとのなごみでした。』

         

        長い間関東でサラリーマン生活をなさって、ふるさとに戻ってこられたのですね。

        お疲れさまでした。

         

        そこで、今再び神社の奉仕活動を通して生まれ育った土地で人間関係を築いていらっしゃるのですね。

        その関係は暖かく、癒やされるものなのですね。

        今の状況をとても素直に受け容れていらっしゃるお姿がすてきだと聞かせて頂きました。

         

        ただ、このスピーチは4分30秒になってしまいました。

         

        そうすると、聞いていて長いなぁという思いがどこからか立ち上がってきます。

        その思いは聞き手の聞こうとする熱量をさげてしまいます。

         

        3分間スピーチで大切なのは、

         

        あれもこれもでは印象に残らない。

        言いたい気持ちをぐっと堪えて、「なるほど!」と思ってもらえる具体例を1つ。

         

        この話だと、

        脚立を押さえるところの具体例があって、そのあとの「みんなえらいな。自分もしっかりしていかなあかん」

        というところで終わるといいと思います。


        その場合、その情景をもう少し具体的に述べる。

        登っていっている人がなんと答えてのか?など、会話をリアルに再現するとスピーチがとてもイキイキしてきますよ。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        パンケーキツアーをする

        0

           

          1月8日、

          庭のロウバイが甘い香りをあたりに漂よわせています。

          日の入りも段々遅くなり、春が近づいていると感じます。  

           

           

          今日は「話し方教室」の今年最初のレッスンでした。

           

          新年最初のスピーチのテーマは、決まっています。

           

          今年の抱負!

           

          神戸新聞文化センター姫路の「話し方教室」のSさんの今年の抱負は、

           

          「パンケーキツアーをする」

           

          Sさんの友人が一週間ハワイ旅行に出かけたそうです。

           

          彼女は、とても一週間は無理だけど、台湾旅行に行きたい。

           

          そこで、旅に慣れる訓練をしよう。出かける事に慣れるようにしよう。

           

          月に2回は、パンケーキツアーをしよう。

           

          イコカのカードも買った。

           

          お店を選ぶセンスも高めるようにしよう。

           

          1日空いていたら、県外へ!

           

          8時半の播但線に乗って、大坂に11時。パンケーキが焼きあがって食べて

           

          13時30分の電車で帰る。子どもが帰ってくる16時には帰宅する。

           

          1人で計画を立てて、さっさと行く。

           

          世の中のブームは、何年か前だったけど、私には今がブーム。

           

          月に2回は、パンケーキツアーをするのが今年の抱負です。

           

          *********************************

           

          彼女の話で印象的だったのは、「ともかく行くのです。」「ぱっと行く」「1人で行くのです。」

          と、繰り返しおっしゃっていたこと。

           

          三世代同居で、子どもさんの塾の送り迎えもあるので出かける事も大変だと思いますが、

          彼女の「パンケーキツアー」が実現しますように。

           

          「行く!」と決めたら、物事はそのように進んでいきますよ。

           頑張れ〜。

           

          いいお店が見つかったら私も、そのパンケーキツアー参加します!

           

           

           

           

           

           

           

           


          合同スピーチ発表会

          0

            9月29日、神戸市勤労会館で、神戸、明石、姫路でスピーチを学ぶ人が集まって

            スピーチ発表会を行いました。

             

            今年で23回です。

            一年に一回ですから、もう23年も続いているんですね。

             

             

            今年の参加者は、24名。

             

            それぞれ、興味深いタイトルがついています。

            例えば・・・

             「おばあちゃんになりたいの」

             「54才おっさんの楽しみ」

             「腹立たしい」などなど。

             

             

             

            司会のお二人。

            打ち合わせ中でしょうか?

            なんだか楽しそうですね。

             

             

            こちらの男性は、今年初参加です。

            今年で最後にした「米作り」の思い出をお話しになりました。

            タイトルは、「えらいこっちゃ!」

            このタイトルも面白いですね。

             

            緊張していたと思いますが、しっかりと声も出ていましたよ。

             

             

            どのスピーチも、自分の体験や思いが反映されいて、この中から1つだけを選ぶのは

            至難の業でした。

            会場の皆さんも、1つだけ選んで投票するのは大変だったろうと思います。

            投票数の一番多い人が一位です。

            三位まで、商品が用意されていました。

             

            さあ!

             

            いよいよ、結果発表!

             

            写真の私の左の男性は、「ダラダラダラ〜」とドラムロールのつもり♪

             

             

             

            おめでとうございます!

             

            こちらは、同票で二位だった方。

            「あいさついろいろ」というスピーチでした。

             

            空手をなさっていて、

            その時の挨拶は道場ではいつも手を前で交差させて「押忍!」

            けれど、道場以外でつい癖が出てその挨拶をしてしまうと・・・

            というスピーチでした。

             

            賞金(図書カード)を受け取った時の挨拶は、「押忍」でした。

            私も、その挨拶をしたのですが、

            なんだか「ちゅーと半端」ですね。

             

             

            ちなみに興味深いタイトルとして挙げたものの内容は

             

            「おばあちゃんになりたいの」

            この話は、男性が出てこられたので、???と思いました。

            実は、この言葉を話したのは、男性がスキーで骨折した入院中に

            病棟で仲良くなった可愛い女の子。

            「私、おばあちゃんになりたいの。」

            男性が、「何を言うんや。これからまだまだ楽しい事が一杯あるのに。」

            女の子「私、白血病なの。長く生きられないの。」

             

            あぁ、このタイトルはそういうことだったのかと、

            その事実の重さにはっとしました。

             

            「54才のおっさんの楽しみ」

            どんな楽しみ?と思っていると、実は学ぶ楽しみでした。

            この方は、資格取得に励んでいる自分の姿をわかりやすい表を作って

            お話しされました。

            頑張っている姿は、「私も学ばないと!」と励まされました。

             

            「腹立たしい」

            これは、他人に腹立たしいのではないというところが、面白かったです。

            断わりたいと心では思っているのに、口では「はい。お願いします。」と

            言ってしまう自分に腹立たしいというスピーチ。

            これは、「ある。ある。」と共感できますよね。

             

            他にもたくさんの興味深いスピーチがたくさんありました。

            様々な人の経験や考えや思いを聞く事ができ、とても楽しく豊かな時間でした。

             

            お世話下さった神戸スピーチサークルの皆様、本当にありがとうございました。

             

            神戸スピーチサークルは、皆さん楽しくスピーチを学んでいらっしゃいます。

            興味のある方は、一度のぞいてみてはいかがでしょう?

            http://www015.upp.so-net.ne.jp/kobespc/index.html

             

             

             

             

             


            合同スピーチ発表会の日程決まる

            0

              1年に1回、神戸と明石と姫路で、話し方を学んでいる人たちが集まって

              合同で3分間スピーチの発表会をします。

               

              いつもの教室より広い会場で、聞いて下さる方も多いです。

               

              きっと発表する人は、普段よりずっと緊張してドキドキするでしょう。

               

              でも、100回の練習より、1回の本番です。

               

              今年の発表会は、以下のとおりです。

               

              日時:9月29日(日)9時半開場 10時開始

               

              場所:神戸市勤労会館405号室

               

              参加費:スピーチ発表のみ500円  懇親会 2000円

               

              9月は、まだ先のようですが、お盆が過ぎるとあっという間です。

               

              皆さん、準備万端整えて自信を持ってスピーチできるように、頑張りましょうね!

               

              私も、皆さまが「このスピーチを話したい、みんなに聞いてもらいたい」と

               

              思えるようになるまで全力でサポートします。

               

              そして、そして、発表会を楽しみましょう!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              小道具のある不思議な偶然

              0

                2月の教室で。
                午前は、加西市北部。
                午後は、神戸新聞カルチャーセンター姫路教室。

                偶然にもそれぞれ、自分の描いた絵を持ってきてお話した方がいらっしゃいました。
                 





                 

                話は耳で聞きますが、目でも聞きますよね。

                こういった小道具を使って話されると、

                聴覚だけでなく視覚も刺激されて、より一層聞こう!という気になりますよね。 


                そして何より、今日のスピーチのために「わざわざ絵をお持ちくださって、

                準備していらして下さったのだ」と、私は講師として嬉しくなるのです。

                偶然にも、絵を持って来て下さった方が重なった加西と姫路の話し方教室でした。
                不思議なことでした。

                 


                12秒が目標

                0

                  庭のロウバイが、甘く香っています。



                  昨日は、今年2回目の話し方教室でした。

                  1回目は、「今年の抱負」がテーマで、参加者の方はそれぞれ今年の抱負をお話し下さいました。

                  タイトルの「12秒」というのは、1回目をお休みした方が昨日お話下さった今年の抱負。

                  12秒??!!

                  なにが、12秒なのかしら?
                  15秒でもなく、10秒でもなく中途半端な不思議な数字だと思いませんか?


                  これは、息の長さ。


                  話し方教室では、最初に腹式呼吸の練習をします。
                  その時に、「あー」と声に出して何秒続くか計ります。

                   

                  だいたい15秒か20秒。長い人は、40秒くらい続くのですが、この方は7秒なんです。
                  そこで、今年は息の長さを伸ばしたいと思ったそうです。
                  具体的な数字は、今の7秒に5秒を足して12秒を目標と設定したそうです。

                  なるほど。。
                  説明を聞けば、中途半端でも不思議でもありません。


                  彼女はとても優しいお声でお話しなさいます。

                  まずは、堅実な目標をと控えめな笑顔でお話しなさいました。

                   

                  12秒!

                  頑張りましょう!!

                  咲き始めました水仙も、甘い香りを運んでくれます。

                  次回のテーマは「早春」

                  どんなスピーチが聞くことができるか、

                  ワクワクします。

                   

                   
                   


                  第22回姫路・神戸・明石合同スピーチ発表が、近づいています。

                  0

                    毎年秋に開催される「合同スピーチ発表会」

                    神戸、明石、姫路でスピーチを学んでいる人が集まって

                    3分間スピーチの発表会をします。

                     

                    なんと!

                     

                    今年でもう22回になるんですね。びっくりです!


                     

                    今年は、明石がお当番です。

                    明石といえば、タコが有名ですよね。

                     

                    そのタコが大きく描かれた案内状です。

                    見ただけで、「クスッ」と笑ってしまいそうです。

                    この案内状からわかるように、

                    明石のメンバーのスピーチは、どんな話でも最後にオチをつけるというか・・・

                    笑いを取るという事を、大事にしていますね。

                     

                    神戸は、元気がいいです。

                    大きな声で、「こんにちは!」と第一声を出すので、

                    思わず聴かなくちゃ!という気にさせられます。

                     

                    さて、私たち姫路は、どうなんでしょうか?

                    真面目で、上品で、エレガントで・・・・

                    と、自分たちでは思っているのですが、

                    他のグループにはどう映っているのでしょうか?

                     

                    普段の練習と違って、聴き手も多い場所で3分間スピーチを

                    発表するのは、貴重な体験です。

                     

                    参加者の皆さんが、普段の練習の成果が出せる事を祈っています。

                     

                    と、同時に個性豊かな他のグループの皆さんとの交流も楽しみな発表会です。

                     

                     

                     


                    夏の思い出

                    0

                      先日、加西北部公民館の話し方教室でした。


                       

                      道中は、稲がすくすく育って緑色の田になっていました。


                      この日のテーマは、「夏の思い出」

                      なんと、お二人の方が今まで生きてきた中で、1番の夏の思い出は

                      「ご主人と出会った夏」というお話をなさったのです。

                      Tさんは、「人生で1番の夏」というタイトルでした。
                      友人に誘われてついて行ったらば、そこに男性がいて。

                      その人は、どこも嫌と思うところがなくて、夏に出会って次の春には結婚なさったそうです。


                      「今は、ときめくこともないけれど、これからも仲良く2人で過ごしていきたい」
                      聞いているこちらもほっこりと笑顔になるようでした。


                      やはり、仲のいい話はいいですね。

                      もうお一人のKさんは、
                      スイミングスクールのコーチだったご主人と始めて出会った夏の話。

                      「子供さんに泳ぎを教える楽しそうな顔、笑顔がすてきだな。」と。
                      さりげなく仕事の話をして、名刺を渡して。その名刺の裏には携帯番号を書いていたそうです。

                      そして、ようやく初めて花火大会を見に行くことができた。
                      ドキドキして、ときめいて楽しい夏だったなぁ!

                      こちらのお話も、聞いていて恋のはじめのドキドキ感を思い出しましたよ。

                      話し方教室では、自分が話すのは3分です。
                      後の87分は聞いています。

                      ですから、聞き方教室でもあります。

                      長い年月、人さまのお話を聞いてきて思う事は、
                      人の話を聞くのは楽しい!

                      例えば、この日のTさんのスピーチからは、 これからの自分のお手本の姿を教えていただきました。

                      Kさんは、忘れてしまっていた感情を呼び起こしてくれました。

                      それぞれの人にある夏の思い出。

                      こんどは、あなたの思い出を聞かせて頂きたいです。

                      加西北部公民館 第2水曜日 午前10時から11時半
                      「話し方教室」を開催。


                      いつからでも参加できます。
                      お問い合わせは、
                      加西北部公民館 〒675-2432 

                      加西市満久町230番地

                      TEL 0790-45-0103

                      FAX 0790-45-0886

                      EML hokubu@city.kasai.lg.jp

                       

                       

                      今年の夏は、サルスベリの花は今のところひとつだけ


                       

                       


                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:262
                      最後に更新した日:2020/05/31

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM