気持ちを込めて話す

0
    く姫路城の桜も、そろそろ咲き始めたようです。

    今日の神戸新聞にによると月末にはお花見ができそうです。




    外出も控えがちですが、それでも お出かけにはぴったりの季節の到来ですね。
    そんな季節を前に、研修を重ねている彼女たち。



    そう、観光バスガイドの1年生の皆さん。

    この日は、朝の挨拶の発表練習です。
    「皆様おはようございます。
    いつも○○観光をご利用くださいましてありがとうございます。」で始まるあのアナウンスですね。



    一生懸命に覚えたことを発表します。



    そんな彼女たちを見ていると、いつもご指導頂いている落語の桂出丸先生のおっしゃることがとてもよくわかるのです。

    「その気になって喋るだけなんやけどねぇ」

    実は、今江戸落語をお稽古しています。
    普段使わない言葉、イントネーション、アクセントで、耳で聞いた歌丸さんの落語を頭で再生しながら、口に出していく。
    ただ、聞いた通りに間違えないようにセリフを言うだけ。
    すると、 出丸先生には、
    「絶対受けませんよ!」というお墨付きをもらってしまいました!!
    あ〜、、どうしよう。。


    さて、彼女たちのセリフに

    「山紫水明の景勝地、嵐山の「よしの」でご昼食を召し上がって頂きます。その後、嵐山をご散策頂き〜〜」と続くのがあります。

    この「さんしすいめいのけいしょうち」という言葉、自分が漢字に書けるかどうか?
    意味がわかっているかどうか?

    「この景色が頭の中に立ち上がっていますか?」と尋ねると、「いいえ」と。

    ともかく覚えた事を言うのに必死で、その情景を思い描いて喋るまではいかないのですよね。

    よーくわかります!

    それは、まるで落語の稽古で注意を受けている私そのものです。
    それを打破するには、ともかく練習です。
    まずは、暗記を完璧にする。
    始めからだけでなく、途中からでもどこからでも、スラスラと出てくるまで練習する。
    かつて、私の同期は、いつも家で声を出して機内アナウンスを練習していたら、弟が覚えてしまったという人がいました。
    私は、東京では一人暮らしだったのでそれはなかったですが、もしその時同居人がいたら、同じことが起こっていたと思います。

    えーと、次はなんだっけ?と目を泳がせていたら、とても気持ちは込められない。
    ガイド1年生の発表を前にして、
    改めて自分も稽古しかないと痛感しました。

    「絶対受けませんよ。」というお墨付きをなんとか返上するために。

    頑張れ!フレッシュガールたち!

    0
      くテレビをつけると、「今後どうなるのかしら?」と、世界中での拡大に気の滅入る事が多いです。
      とはいえ、桜はそろそろ咲き始めています。
      そして、新人たちが期待に胸を弾ませて、新しい社会に足を踏み出すシーズンですね。

      (記事は3月13日の神戸新聞より、お借りしました。)

      新人のガイドさん。
      5月のゴールデンウィークには、デビューします。

      先日、彼女たちの研修をさせて頂きました。

      この新人ガイド研修は、もう10年以上続いています。

      春まだ浅いこの季節、真新しい制服に身を包んだ彼女たちとの研修は、〜十年前の訓練生だった自分との再会のような気持ちになります。

      笑顔が足りない。
      笑顔がひきつっている。
      アナウンスのアクセントが違う。

      何をしても注意されていたドジな訓練生の自分が、目の前にいる新人ガイドの人たちを見て思い出されます。

      そう思うと、思わずこう言いたくなります。 「頑張れ〜!!
      今は、わからないことだらけで大変でしょうが、慣れればなんてことない。できるよ。できる。大丈夫!」


      さて、今日も午後から彼女たちの研修です。
      今日は、朝の挨拶練習。

      「皆様おはようございます。
      本日は、◯◯観光バスをご利用くださいましてまことにありがとうございます。」で始まるバスに乗って初めてガイドさんのするアナウンス。

      みんな、大きな声でやりましょう??


      (先日、思いがけず遅まきながらと頂いた誕生日祝いの花束)

      今の自分を知る

      0
        18日(火)の夜は、姫路流通問題研究会の例会でした。

        月に1回の例会で、若き参加者の皆様はさまざまな学びを深めていらっしゃいます。
        今年は、「話す力の方の向上」をテーマに選んで頂き、昨年5月から私が担当しています。

        今日は、「自社の紹介」を2分間でスピーチ。






        その姿を、撮影しました。




        実は、去年の5月に「自己紹介」のスピーチを撮影しています。

        3月の最終回の例会で「before after」を、しっかり自分の目で見てもらいたいと思います。

        「落ち着きのなさは、足元にあらわれる」という言葉を、ご存知ですか?
        そうなんですよ!

        今まで、たくさんの人がスピーチをする姿を見ていて、あがっている人はじっと立ってられない。
        話しながら、かかとを上げたり下げたりします。

        この姿、絵として浮かびますか?

        だいたいそんな時は、「えーと」なんて言ってます。

        だから、
        「人前に立つ時は、しっかり両足の裏を地面につけて。
        自分の両足の下に丸い地球があって、自分はその地球を踏みしめている姿をイメージして。」と、言います。

        暗い宇宙空間に浮かぶ丸い地球。
        その表面に立っている小さい小さい自分。

        私は、そんな絵を浮かべて立っています。

        フラフラしないで立ち続けるというのは意外と難しいもの。

        次回、皆さんが自分を見てどんな発見をなさるか楽しみです。


        近くのお店で。
        色とりどりのお花が、春が近いと実感させてくれました。

        ムスカリ君←これは、やはり「君」と呼びたい

        華やかなラナンキュラスさん

        落語から学ぶイキイキ話し方講座

        0

          1月27日ひめじ若者サポートステーションで「落語から学ぶイキイキ話し方講座」

           

          を開催頂きました。

           

           


           

          趣味で始めた落語。

           

          当初は、まさか話し方の講座に落語が関係するとは思いませんでした。

           

          「自分が喋る時に役に立つかもしれない」とは少し思いましたが・・

           

          まさか、落語で私が学んだ事を話し方講座でお伝えするようになるなんて!

           

          長く続けていると自分からではなく、周りからお声を掛けて頂き新しい可能性や

          世界が広がっていくという事がありますね。

           

          この日に、若い方々にお伝えしたのは、私が落語の先生から一番よく注意される事。

           

          「その気になって喋る」

           

          情景を120%思い浮かべて、その登場人物に自分がなる。すると、

          自然と言葉に感情がこもる。

           

          書いている文字を読んでいるだけなら、相手に伝わらない。

          就職の面接も、どこかに書いてあった志望動機を暗記して喋っても伝わらない。

          自分の思いを、言葉だけでなくしっかり視線を合わせて相手に届けましょうね。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          こんな社会人になる

          0

            今日でもう1月も3分の2が過ぎたのですね。

            つい先日、お正月を祝ったと思うのに・・・

            もう2月が目の前。

             

            日が長くなりましたものね。

             

            さて、今日は、姫路の理容美容専門学校へ。


             

            トータルビューティー科の2年生に6時間授業。


            ほとんどの学生が就職を決めて、春からはネイリストやエステティシャンとして働きます。

            入学してから、ネイル、エステ、メイクの検定や資格取得に忙しい学生生活を送っていた彼女たち。

             

            私は、接遇マナー検定受検対策と就職対策の授業を担当しました。

            今日は、彼女たちには最後の授業でした。

             

            「こんな社会人になる」というテーマでそれぞれの意見をまとめてもらいました。

            イラストが得意な人も多いです。


             

            「箸が転んでもおかしい」というのは、本当に彼女たちの事です。

            本当に、よく笑う。

            パっと花が咲いたように笑います。


             

            春からは、世界にひとつだけの自分の花を咲かせる事ができるように

            仕事を頑張って下さいね。


             

            今度会うのは卒業式。

            彼女たちの旅立ちに立ち会うことができるのは、

            心躍る瞬間です。



             

             

             


            会話がご馳走 楽しいテーブルマナー

            0

              1月16日(木)に、姫路商工会議所青年部様の1月例会で

              「テーブルマナー」を担当させて頂きました。

               

               

              場所は、姫路のクレール日笠様。

               

              この日笠という名前に、「あれ?あら?」と思った私。

               

              というのは、家の近くに桜の名所として有名な「日笠山(ひかさやま)」があるのです。

               

              お花見に何度も登った山。

               

              もしかして、こちらのオーナーの方も日笠山に何かご縁があるのかしら?と一方的に

              親近感を持った私。

              やはり、お祖母様が日笠山のお近くの方だったそうです。

               

              このように、何か自分と共通のものがあると人は親しみを感じますね。

              特に人は、出身地が同じというだけで、とても親しみを感じます。

               

              かつて東京に住んでいた時、同期の1人が養父郡と聞いた時は

              「わ〜〜、同じ兵庫だね。一緒!一緒!」ととても親しみを感じました。

              またある人が京都出身と聞いた時でさえ、「同じ関西だね〜〜。一緒一緒」と、

              これも親近感が湧く。

               

              故郷から遠く離れている時ほど、出身地が近いというだけで親しく感じます。

              だから、自己紹介の時は出身地を入れるのは、話題の糸口としてはいいですね。

               

              さて、このように親しみを持って会場入りしました。

               

              当日は、ご参加の皆様のお人柄のおかげで、終始とても楽しい雰囲気でした。

               

               

              テーブルマナーというと堅苦しく感じる事も多いのですが

              「一緒に食事をする人たちと楽しく過ごすために」と考えると

              気楽に学ぶ事ができると思います。

               

              私たちは、誰とでも一緒に食事をするわけではありません。

              「お茶でも飲みませんか?」

              「お食事をご一緒に」などとお誘いするときは、それはその方と

              より親密になりたいと思う心の表れです。

               

              飲食のマナーを身につけて、その方と囲むテーブルがすてきなものでありますように。

               

              そして、一番のご馳走は・・・・・

               

              会話です。

               

              この日は、壁に何枚かの絵が掛けられていました。

               

              その1枚は、卵の殻を貼り合わせたものという説明をお聞きして、

              そこから「この部分は何に見える」とか、「どれくらいの時間がかかっただろう」とか

              その絵に関して話に花が咲きました。

               

              食卓にすてきな会話の花を咲かすことができるように、

              普段から会話の糸口の引き出しを増やしていきましょう。

               

              iPhoneImage.png




               

               

               

               

               

               


              兵庫教育大学に行ってきました

              0

                10月30日(水)午後2時50分〜4時20分まで、教護教育大学の3年生にお話しさせて頂きました。

                 

                テーマは、「面接のマナー・電話応対・メール手紙の書き方」

                 

                ごく基本的な事。

                例えば、メールだと、

                「自分はどこの誰で何者かという事を知らせる。」

                名乗るということです。

                 

                当たり前のようですが、学生の中にはいきなり自分の用件だけを書く人もいるそうです。

                 

                「今日のガイダンスは欠席します。」というように。

                 

                これだけだともらった方は、誰かわかりませんよね。

                ラインのようなやりとりに慣れていると、

                ついつい自分の事は相手はわかっていると思ってしまうのかもしれません。

                  

                この日の会場は、こちら。

                図書館でした。

                 

                 

                90人くらいでしたでしょうか?

                こういう場合は、やはり後ろから席は埋まっていきます。

                 

                最後に来た人が、一番前に座るようになりますね。

                 

                「よかったねぇ!

                コンサートなら、ここはSS席ですよ!」と言いましたが、

                彼らにとってSS席と思ってもらえたでしょうか?

                 

                私は、どこへ行ってもだいたい一番前に座ります。

                だって、よく見たいし聞きたいですもの。

                それに、何か質問するときも一番前だとしやすいです。

                 

                まだ3年生ですから、今の学生生活を充実させて、いろんなものを見て感じてほしいと思います。

                 

                そして、そこから気づいた事を、あまり型にはめ過ぎないで表現できるといいなぁと思います。

                 

                基本の型をお伝えしているので矛盾しているようですが、

                「基本の型は知っている。が、その型をあえて破るのが型破りの方法。

                これは、いいですよね。

                でも、基本の型を知らずして行うと、型なしになってしまいます。

                これは、頂けません。」

                 

                この日の基本を頭に入れて、その人らしく型を破っていってほしいなぁと思います。

                 

                *****************************

                キャンパスは、木々が色づきはじめ、落ち葉が秋が深まりつつあることを

                教えてくれました。

                 

                「私の型は何かな??」

                「B型です。」

                「なんでやねん!それは、血液型やん!」

                 

                これから、ブログの書き方も型を破ります!

                このような小咄も書きますよ(笑)

                 

                どうぞ末永くおつきあい下さいね。

                 

                 

                 

                 

                帰り道、夕日がとても綺麗でした。

                 

                 

                 

                まるで、目玉焼きのように見えました。

                おいしそうな黄身の色でしょう?

                 


                「おもしろ講師塾第7回・8回」実施しました

                0

                  10月2日(水)「おもしろ講師塾第7回・8回」が開催されました。

                  場所は、兵庫県中央労働センター。 

                   

                   

                  今日の席は、くじ引きで決まります。

                  テーブルの上には、それぞれ赤い席札が置かれています。

                   

                   

                  この席のくじは、受付の机の上にあるハローウィンのかぼちゃなんですよ。

                  このかぼちゃをひっくり返すと、底に数字が書いてあります。

                  面白いでしょう?

                   

                   

                   

                  こういう面白いアイデアをポンポン出してくれるのが、

                  この日の午前中の講師の「夢こらぼ」の松尾やよいさん。

                   

                   

                  ご自分の講座でも、いろいろと小道具を準備してとてもわかりやすいです。

                   

                  例えば、自分のキャッチコピーを作ろうという説明も、このように説明の紙をボードに

                  貼っていくので、紙芝居(←古い)を見ているようで、とっても面白いのです。

                   

                  松尾さんのテーマは「売り込み7つ道具」です。

                  講師として、売り込む時の7つ道具を学びます。

                  私も、ふむふむと熱心な受講生になってしまいました。

                   

                  受講者の方も、とても熱心です。

                   

                   

                  そして、午後は、私の講座です。

                  売り込みが成功し、いよいよ講師として講演する時の大敵である「あがり」を防止する方法。

                   

                  まずは、前回の発声練習の復習から。

                  ともかく部屋の後ろの方まで届く声が出ないと講師としては残念な事になってしまいます。

                   

                  そのために、腹式呼吸をマスターできるといいですね。

                   

                  腹式呼吸で話すと、3つのメリットがあります。

                   

                  1つめは、長い間喋っても喉が疲れない。痛くならない。

                  2つめは、深みのある声が出るので、自分の思いが伝わりやすい。

                  3つめは、大きな声を出さなくてもまわりに聞こえる。

                   

                  その後、自己紹介の方法を説明して、実習。

                  5人の講師がそれぞれの受講者にアドバイス。

                   

                  皆さん、他の人へのアドバイスも聞き漏らさず自分事として学んで下さいました。

                   

                  ぜひ、人前で話す時には、この日の事を思い出して落ち着いてお話し下さいね!

                   


                  サクサク仕事術

                  0

                    8月7日(水)兵庫県中央労働センターで、「おもしろ講師塾」の第3回と4回が

                    開催されました。

                     

                    私は、10時から12時半までの第3回を担当しました。

                    テーマは、届けるという仕事。

                    内容は、「話は目で聴く!この人の話を聴きたいと思わせる講師としての魅力を

                    お伝えします」

                     

                     

                    仕事の始まりには欠かせない、名刺交換はスマートにしたいものです。

                     

                     

                    と、私の事はこれくらいにして。

                     

                    午後のいなまつゆかさんの

                    「漏れ・ダブリを防ぐ!サクサク進む仕事術」の話を

                    書いてみます。

                     

                    内容は、

                    事務仕事が苦手な人でも負担にならない、叱ってくれる上司がいなくても

                    サクサクできる事務仕事のスキルをお伝えします。ですって!

                     

                    ほら、知りたくなったでしょう?

                     

                    マインドマップや自作の映像を使って、とても楽しく学べる講座でした。

                    ためになる事がたくさんあり、即実行しようと思ったものもいくつか。

                     

                    中でも、これ!と思った事が3つ。

                     

                    一つ目は、2分間ルール。

                     

                    私たちは、やろうと思ったことも、なかなかできない。

                    なぜなら、私たちの頭はめんどくさがり。心は、気分屋。

                    そして、身体はなまけもの。

                    この頭と心と体に、指令を出すのは、私自身。

                    頭と心と体の上にあるものとして、私がこの3つをコントロールしないといけない。

                     

                    でも、めんどくさいし〜。そんな気分じゃないし〜。

                    なまけたい〜。

                     

                    そういう時、どうするか?

                    2分間ルールです。

                    「2分でできる事なら今するというルールを決めておく」

                     

                    そう、めちゃくちゃ難しいことはよーく考えてからでないと

                    始められないけれど、2分でできることならやる。

                     

                    例えば、テーブルの上に出したままの新聞を片づけるとか。

                    これは、2分もあれば充分ですよね。

                    「じゃ、やってみよう。」

                    サクサク進んでいきますね。

                     

                    2つ目は、空中戦。

                    どういう事かというと、例えば同窓会の案内ハガキが来た。ポストから取り出して手に持った。

                    それをテーブルの上に置くな。空中戦だ!

                    手に持ったまま、さっさと予定を調べて書けるのなら、その時に返事を書いて

                    ポストに出すためにバッグに入れておく。

                    つまり、地上に置くなと言うこと。床の上とか、テーブルの上とかね。

                     

                    なーるほど!

                    空中戦ね。

                    これだと、しなければならない返事がたまっていきませんよね。

                    サクサク終わっていきます。

                    「あの返事は、締め切りが来月だから」とポイとその辺においたハガキを

                    何度捜したことか・・・・・

                    やってみる価値はありますね。

                     

                    3つ目が「時間の見える化」

                     

                    自分が1日、何にどれくらい時間を使っているか見えるようにする。

                    例えば、このようなシートを使ってみるとわかりますよね。

                     

                    中学生の時、帰宅してからどのように過ごしたか?という事を

                    このようなシートに書いて提出していた事を思い出しましたよ。

                     

                     

                    食事やテレビに費やした時間、そして勉強した時間が一目で分かりました。

                     

                    今の私は、中学生の時より何にどれくらい使っているのか「見える化」するのは

                    大切になってますよね。

                    なぜなら、使える時間は確実に少なくなっています。

                    さっそく、やってみましょう。

                     

                    あなたもよろしければ、どうでしょうか?

                     


                    たかテレビで放送されます

                    0

                      6月28日、多可町の高齢者大学での講演の様子が、たかテレビで放送されます。

                       

                      「放送日は、8月29日(木)17:00〜、31日(土)の17:00まで」

                       

                       

                      こちらのテレビ局は、兵庫県多可町のコミュニティチャンネル(ケーブルテレビ)なので、

                      残念ながら私は見る事ができません。

                       

                      が、放送が終了の後、DVDを送って下さるとのこと。

                       

                      実は、2年前にも同じように放送後にDVDを送って頂いた事がありました。

                       

                      さすが!と言うか、プロだから当たり前なのですが、私の話の内容に合わせて

                      カメラのアングルを変えて撮って下さってます。

                       

                      例えば、物の扱い方で「手先は揃えましょう」という話の時は、

                      さっと私の手の先をアップにするというふうに。

                       

                      私は、時々、自分の話し方をチェックするために自分でビデオカメラを持ち込んで

                      撮影する事があります。

                      が、それは固定した三脚にビデオカメラを置いたままです。

                      あまり変化のない画像です。

                      それらの画像に比べると、「たかテレビさんに撮って頂いた画像は全違う!!」

                      2年前にそう思ったことを思い出しました。

                      本当に、よい記録と思い出になりました。

                       

                      今回も、どんな番組になっているのか本当に楽しみです。

                      少しだけ・・・

                      自分の姿を見るのは、怖いのですが・・・

                       

                      もし、たかテレビが視聴できる環境にある方は、ぜひご覧下さいね。

                       

                      放送日は、8月19日29日(木)17:00〜31日(土)17:00〜

                       

                       

                       

                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:271
                      最後に更新した日:2020/08/04

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM