福崎町大門区自治会 敬老祝賀会にお邪魔しました

0

    9月17日(祝)  福崎大門区自治会 敬老祝賀会で、一席お聞き頂きました。

    昨日の加西に続いて、今日は福崎です。

     

    どちらの会場も、大勢の方が一生懸命お世話なさっているのが

    印象的でした。

     

     

    会場は、このような建物です。


     

    いらっしゃた皆さんには、お弁当が振る舞われます。

    (昨日の加西も、ありましたよ。写真を撮り忘れました)

     

    今日、欠席なさった方には、一件一件お世話なさる方が配って歩かれるそうです。

    お世話なさる方のご苦労がしのばれます。

     

    そういえば、私の母も敬老の日にはお寿司が町から頂けるのを、

    心待ちにしていました。

     

    元気だった頃は、町の敬老の日のお祝い会の大正琴や、

    その他いろいろ余興を楽しんでいたようです。

     

    自分の足で参加が難しくなると、

    「今日は、敬老の日やな。

    お寿司をもらえるから、あんたも食べるか?」と。

    そう多くはない一人前のお寿司ですが、自分がもらえたものを

    娘にも分けてあげようと思ったのでしょうか?

     

    単調な毎日が続く日々の中で、町が主催していた敬老の日のお祝い会は、

    母にとって楽しみな出来事だったのかもしれないなぁと、

    「寿」と書かれたお弁当は、在りし日の母の姿を思い出させました。

     

     

    色とりどりで、可愛いですね。

    お赤飯も入ってますよ。

    美味しく頂きました。

     

     

     

    皆さまにとって、楽しい1日になるようにと精一杯

    「冷蔵庫物語」をお聞き頂きました。

     

    たくさん、笑って頂き私の方がパワーを頂きました。

     

     

    次の写真に、一緒に写っているMさんは高校の同級生。

    彼は、ここの地区の方です。

    2年前の同窓会で再会。

    落語を趣味でしているというと、

    去年と今年も声をかけてくれたという訳です。

     

    高校時代は、ほとんど話した事もなかったと思うのに

    まさかこのような交流ができるなんて、思ってもみませんでした。

     

    地域のために一所懸命、

    力を尽くしている立派な人になっていました。

    このような再開は、本当に嬉しいです。

     

    彼の目には、私はどう映ったことでしょうか?

     

    けったいなおばちゃん・・でしょうかね?

    取りあえずは、このけったいな路線を究めようと思います。

     

     

    最後に、今日の着物選びのポイントは、昨日と違うもの。

     

    「お客さんは変わるけど、ブログに続けてアップするので違うものでないと」

     



     

     


    加西市王子公会堂へお邪魔しました

    0

      9月16日(日)加西市王子公開で行われた「敬老会」で落語を一席させて頂きました。

      会場は、紅白の幕が張られて立派な高座も作って下さっています。

       

      このような場を与えて頂き、本当にありがとうございました。




      お世話下さった前田さんは、事前にお電話や直前には丁寧な地図入りの

      お葉書を頂きました。

       

      今は、目的地まではささっと検索すれば、ほとんどの場合簡単に

      たどり着くことができます。

      (直前で、ナビが案内をやめてしない限りは・・)

      地図を送って頂く事は、ほとんどなくなりました。

       

      が、このような手書きの地図入りのお葉書を送って頂くと、

      なんというのでしょうか?

       

      「私がそこに行く事を待っていて下さるのだ。」と

      その小さい空間にぎっしりと書かれた文字や絵が

      前田さんの歓迎のお気持ちを伝えてくれているような気がします。


       

       

      当日、お会いすると第一声が

       

      「まあ、赤い着物でお越し下さって!

      会が華やかになります。」と喜んで下さいました。

       

      やはり、あの細やかな丁寧な地図を送って下さる方は

      喜び上手な方でいらっしゃいました。

       

      敬老会だから、場が明るくなる方がいいかな?と選んだ私の意図を

      受け取って頂き嬉しかったです。

       

      帯は、黄色の半幅帯を貝の口に締めました。

      何もないと前から見たときに少し寂しいので帯締めをしてみました。

       

      「冷蔵後物語」をお聞き頂きました。

       

       

      他の場では、このような赤い着物はまず着る事はできませんが

      落語だから許してもらえるかな?

      お許し下さい!

       

      公会堂の入り口で、お世話になった方と記念撮影。



       

      たくさんの方のご尽力で開催された「王子公会堂」での敬老会。

      参加させて頂き、本当にありがとうございました。

       


      西脇の光福寺にお邪魔しました

      0

        9月3日(月)西脇市の光福寺で、落語をお聞き頂きました。


        午後7時から、法要がありその後落語を2席というプログラム。

        午後6時半に会場に入る約束です。

        お世話下さった総代さんは、とても丁寧に打ち合わせ下さり、

        また西脇の町のパンフレットも送ってきて下さいました。

         

        ふむ、ふむ。。

         


        西脇は、「日本のへそ」と言われている日本の真ん中にある町です。

         

        姫路からは、車で約1時間半くらいでしょうか? 

         

        途中に、「北はりま 道の駅 エコミュージアム」という立ち寄りどころもあります。

         

        面白そう!!


         

        有名な岸家住宅もあり、観光気分が盛り上がります。

        とはいえ、私は夜走りましたのでこのような楽しそうなところは一切関係なく、

        ただただ午後6時半までに、

        日が暮れるまでに

        到着したい!


        その一心で車を走らせました。

        というのは、以前(これは講演に行ったのですが)

        ちょうど同じ季節に、午後7時に会場に入るということがありました。
        全然土地勘のない所で、ナビが近くまで来て案内をやめてしまうという状態に!

        「なんでやめるの!!
        ここからが、大事やのに!」


        と、日が暮れかけて辺りが見えなくなってくる中、

        何本もあぜ道のようなところを間違えて、

        必死でたどり着いた事がありました。

        なので、今回もなんとか明るい内にたどり着きたいとその一心でした。

        無事到着し、檀家の皆様に落語をお聞き頂くことができました。

         

        やれやれ〜〜。

         

        帰りに、「ええ柄の着物や〜」と、お客様にお褒め頂きました。

        (落語は褒めていただいた訳ではありませんが)


        写真がないのが、残念です。


        紺地に白の模様のある浴衣。


        パッと見ると絽の着物にみえます。
        長襦袢を着て、着物風に着付けました。
        9日に姫路市津田寄席で、また着る予定。
        その時は、必ずや写真を撮りましょう!

         

        西脇からの帰りは、同じ道で帰ろうとしたのに、
        なぜか違う道になってしまったのは、よくあることで・・・


        光福寺の皆様、本当にお世話になりました。

        よい体験をさせて頂きました。
        ありがとうございました!


        アンコールにお応えして、嬉しい再会

        0

          8月23日、今宿の集会所へお邪魔しました。

           

          一昨年、初めて依頼を受けて落語をさせて頂いたのですが、

           

          好評につき??

           

          アンコール公演と相成りました。

           

          と、そんな大袈裟なものでは全くなく、

           

          「今年も来てもらえますか?」と言われて

           

          「はい!私たちでお役に立てば」と3人で行かせて頂きました。

           

          トップは、上がり家寿五六さん「振り込め!」

           

           

           

          続いて、舞寿亭ミッキ 「京阪神日常事変」

           

          実は、台風の接近が予想されこの日は、もしかして

          中止になるかと主催者の方からの連絡を待っていたのですが、

          何の連絡もないので、あるのかな?と来てみたら

          なんと大勢の方が参加なさっていて。。。

           

          「皆さん、こんな台風が近づいている日に出てくるなんて

          よっぽど家におられん事情があるようで・・・」と始めて、

          約20分間、桂 あやめさんの新作落語をお聞き頂きました。

           

           

          iPhoneImage.png

          最後は、瀬戸内亭十八期さん 「堪忍袋」





          皆さん、本当に楽しそうにお聞き下さりありがとうございました!

           

          大好評??だったのでしょう。

          来年もぜひ!と嬉しいお声を頂いて、台風の接近を気にして

          大急ぎで風の中を家路に向かいました。

           

          来年も皆様と明るく元気にお会いできる事を楽しみに致しております。

          ありがとうございました。
           

           


          「生きがい寄席 七福座編」のご案内

          0

             

            夏の終わりの思い出に、いかがでしょうか?

             

            アマチュア4人と、最後は桂 出丸さんが、たっぷりと聞かせます。

             

             

             

             


            第1回花北寄席 開催します

            0

              寄席のご案内です

               

              第1回花北寄席

              日 時:6月24日(日)午前10時から

              場 所:姫路市 花の北市民広場 第3・4和室

              木戸銭 : 大人  200円

                    小人  100円(小学生以上)お土産付

               

               

              この寄席のサブタイトルは「親子de落語」

              親子で一緒に落語を聞いてほしいと 

              学研の先生をしている友人が主催しました。

               

              彼女は、教科書に落語がでてくるので、子どもたちに一度聞かせてやりたいと

              思っていたそうです。

              昨年の夏、久しぶりに行われた高校の同窓会で私と再会。

               

              そこで、幹事をしていた2人は意気投合し?

              この度の落語会の開催となりました。

               

              高校時代は話した事もなかったのに、

              まさか卒業後にこんな事になるなんて。

              生きていると面白いことがあるなぁと思います。

               

              彼女は、自分の教室の生徒さんだけでなく

              ご近所の方にも楽しんでもらえたらと思って

              この会を企画したとのこと。

               

              私も、地域貢献に情熱を燃やす彼女のお役に立てたら、

              こんな嬉しい事はありません。

               

              こどもたちに、おじいちゃん、おばあちゃん、

              お父さん、お母さんをはじめとする

              おうちの人と一緒に落語を楽しんでほしいです。

               

              もちろん、大人だけでもOK。

               

              できたら、扇子と日本手ぬぐいをお持ち下さいね。

              一緒に、おうどんを食べたり

              手紙を書いたりする所作をしてみましょう!

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


               


              第12回大手前寄席、開催しました。

              0

                5月27日(日)「第12回大手前寄席」が、81人のお客様にお越し頂き

                盛況に開催する事ができました。

                 


                 

                なんと!

                私は、トリ!!

                 

                最後だったのです。

                い、いえ、これは決して私の力量がトリにふさわしいというのではなく・・・

                 

                この「皿屋敷」というネタが「トリネタ」という事なのです。

                そうとは知らず、やはり姫路に住んでいる以上は、

                姫路の話を覚えてみたいと選んだのです。

                 

                やはり、最後に話すというのは、

                しんどい。しんどい。。しんどい。。

                最初の人や2番目の人が、話し終わってリラックスしている時、

                段々私は、どきどきしてきて。。

                 

                何をして待っていたのでしょうか?

                 

                「こういう時は、腹式呼吸で気持ちを落ち着かせるといいんですよ。」と、

                普段は皆さんにお伝えしているのに、全くその事を忘れていました。

                 

                用もないのに、ウロウロしていたような気がします。

                 

                いざ、私の番です!!

                頑張るしかない。

                 

                iPhoneImage.png

                 

                やるんやったらやる。

                やらないんやったら、やらない。」

                 

                恥ずかしいとでれでれしていると、

                見ている方が恥ずかしくなりますよね。

                人前で話す時は、この呪文を唱えます。

                 

                よろしければ、あなたも使ってみて下さいね。

                 


                先生もお聞き下さったでしょうか?

                0

                  5月20日(日)午後 2時から、

                  「落語と朗読のコラボレーション」を開催しました。

                   

                  場所は、七福座。

                  ここは、四角い箱で、高座も見台もお囃子のCDも備え付け。

                  みーんなあるので、何も準備しなくてもよくて

                  本当に使い勝手がいいのです。

                   

                  ただ名ビラ(名前を書いた紙)だけは、持参しなければならなかったのですが、

                  あまりにも全て揃っていると思い込んでいたため忘れてしまいました。

                   

                  ま、なかったらないで仕方ないと・・

                  なしでしました。

                   

                  初めに私が口上を。

                   

                  今日、一緒にする朗読の方とは、以前同じ話し方の先生に教わっていたこと。

                  久しぶりに出会ったこと。

                  それなら、朗読と落語で同じ話をして、皆さんに楽しんで頂きましょうと

                  とんとんと話はまとまったこと。

                  そのようなことを少しご挨拶の中で、お話させて頂きました。

                   

                  最初は、朗読。「への用心」

                  皆さん、真剣です。

                   

                   

                  次に、「への用心」と同じ内容の話を落語でお楽しみ頂きました。

                   

                  「牛ほめ」舞寿亭みっきー

                  今日の着物は、洗える着物。

                  帯は、初めて使いました。

                  紺地に赤い花が描かれています。

                  帯締めと帯揚げは、黄色。

                   

                   

                   

                  最後に、広岡さんによる宮沢賢治作「どんぐりと山猫」の朗読。

                  皆さん、頭を垂れてじっと聞き入っていらっしゃいます。

                   

                  お客様も一桁かも?と思っておりましたが、

                  30人もの方がお越し下さいました。

                   

                  望外の喜びといいましょうか、僥倖でした。

                  (少し藤井七段を意識してみました!本当に、言葉をたくさんご存じですよね)

                   

                  また、広岡さんとその教室の生徒さんと力を合わせて会を開けるように

                  稽古を重ねていこうと思います。

                   

                  お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

                   

                   


                  初めての試み 朗読と落語のコラボレーション!

                  0

                    私の話し方の先生、森恭子先生に出会えたことは、

                    とても幸せでありがたい事でした。

                    カルチャースクールの話し方教室で出会えた先生に、

                    「来週もこの先生にお会いしたい」と思って

                    通っているうちに10年が過ぎ

                    やがて先生の教室を任せて頂くようになりました。


                    それから長い長い年月が経ちました。
                    話し方、マナー、朗読、

                    そして何より人としてどうあるべきかということを教えて頂きました。

                    私は、今も「こんな時先生だったら、どうなさるだろう」と思うことがよくあります。

                    今は、この世ではもうお会いすることはできませんが、

                    「どうしようか?」と思った 時は先生のお顔を思い浮かべて

                    対処する私がいます。

                    今も、先生は私を教え導いて下さっていると感じます。

                     

                    今回も、先生に導かれて初めての試みに挑戦することになりました。



                     

                    落語と朗読のコラボレーション

                     

                    日時:5月20日  午後2時〜

                    場所:姫路 西二階町「七福座」

                    入場料  無料

                     

                    実は、この朗読グループ「言音会」の広岡さんとは、

                    かつて先生のお宅で一緒に朗読のレッスンを受けていました。

                     

                    私たちの読みをじっとお聞きになっていて

                    「一音高い」「違う」と僅かの違いを指摘なさいます。

                    私は、なかなかうまくできず一行読むだけで、レッスンが終わってしまうことも。

                    広岡さんは、とても熱心で真面目な方で、

                    そして何より読むのが大好きな方という印象でした。

                     

                    今回、久しぶりにお会いして恭子先生に朗読を教えてもらっていたという

                    共通の繋がりで、「一緒にしましょう!」と言うことになりました。

                    先生も、喜んで下さるかしら?

                    空の向こうの先生に届くように、想いを込めて喋りますね。

                     

                    あなたもご都合がよろしければ、ぶらっとのぞきにいらして下さいね

                     

                    初めに「への用心」という朗読

                    次に、同じ話を落語「牛ほめ」

                    最後に、宮沢 賢治の「どんぐりと山猫」の朗読

                     

                    お待ちしております

                     

                    #落語 #朗読 #七福座 #姫路 #牛ほめ 


                    相生市「ふれあい広場」寄席

                    0

                      4月の日曜日に、相生市那波福祉協議会主催の寄席に参加させて頂くようになって、

                      5年目になります。


                      「初めてお伺いした時は、20才でしたのに、もう25才になりました〜」

                      なんてマクラから始まったふれあい寄席。


                       

                      同じ桂出丸先生に、落語を習っている大阪の生徒さんのお誘いで

                      今年も相生の皆様に、お会いできました。

                      今年は、役員さんが高座に上がる階段まで、作ってくださってました!





                      役員の方の手作りのお昼もご馳走になりました。



                      菜の花やつくしが、季節を感じさせます。

                       

                      ご一緒させて頂いたお二人は、

                      とても前向きに落語に取り組んでいらっしゃるのが

                      節々に感じられます。
                      お食事の間も、

                       

                      「なんで、あの子牛のところで、笑いがなかったのかな?」

                      「もっと、はっきりゆっくりと際立たせないといけないな。」

                       

                      など、自分の話をさっそく振りかえり、次回への改善点を話し合っています。

                      その熱心さに、私ももっと稽古しなければと、刺激を頂きました。

                       

                      また来年、今より上達している自分で再会したいと思います。

                      ありがとうございました。



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:149
                      最後に更新した日:2018/09/19

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM