箸使いは、身体全体を使う事が大事

0
    昨年、HP経由で箸使いの個人レッスンの依頼がありました。
    2歳と6ヶ月のお子さんのお母様。
    「以前から、自分の箸使いが気になっていたが、これから子供を育てていくにあたって、きちんとお箸を持てるようになりたい」
    という理由でした。


    なんと、すてきなお母さんなのでしょう!
    先日、訪れた私を迎えて下さった彼女は、清楚な美しい方でした。時々、くすっと笑うお顔がチャーミング。

    約1時間半のレッスンをさせて頂いて、気づいた事。
    箸使いは、箸だけを意識さるのではなく、まずは座る姿勢が大切。

    鎖骨を意識して、巻き込み肩にならないようにする。
    腕と手とお箸が一体となるように持つ。


    つまり、身体全体で持つという事です。
    レッスンの始めは、お互い少し緊張があったかもしれませんね。

    でも、最後には、
    「明るく楽しく厳しくいきますよ! 宿題も出します!
    」 と、次までの課題もお伝えしました。<
    次のレッスンが楽しみです(^^)

    薬指と小指が離れてしまう彼女に、とてもいいアドバイスを思いつきましたよ。
    早くおつたえしたくて、ウズウズしている私です。



    庭の蝋梅も、咲き始めましたよ。




    関連する記事
      コメント
      コメントする








         

      プロフィール

      profilephoto
      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
      プロフィールをもっと見る
      書いた記事数:100
      最後に更新した日:2018/01/16

      カテゴリー

      最新記事

      カレンダー

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      バックナンバー

      recent comment

      ブックマーク

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM