ピンクの薔薇とドクダミの白い花

0

    去年、ときめき片付けインストラクターの山田紀子さんに出会い、

    そのメソッドで、我が家を片付けました。

     

    昭和の古い家の台所は、IHでなくまだガス。

    そして、ガステーブルの前の窓のステンレスの棚には、

    砂糖・塩・醤油・コショウなどの調味料がごじゃごじゃ置いてあって、

    すっきりしていませんでした。

     

    全然ときめく空間ではありませんでした。

     

    山田さんは、おっしゃいました。

    「調味料は、一つの入れ物にまとめてガステーブルの下にしまっておいて、

    使うときに出す。

    使い終わったらしまう。」

     

    そして、「何もなくなった空間にお花を飾る。」

     

    なるほど!と、目からウロコでした。

    そして、

    今の我が家のガステーブルの前は、こうなっています。

    決して、最新のものではないけれど、目指すは「使いこんで、磨かれた美しさ」

     

     

     

    ドクダミの白い花。

    その名前が気の毒に思えるくらい可憐です。

    庭の端っこで咲いている薔薇と一緒に入れてみました。

    ときめきます。

     

     

    スピーチもごじゃごじゃ詰め込み過ぎると、わかりにくい。

    何もない空間にお花を一つ置くように、自分の言いたいことを整理して

    相手の心に届く言葉を一つ伝えたい。

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
    神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
    (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
    プロフィールをもっと見る
    書いた記事数:137
    最後に更新した日:2018/07/19

    カテゴリー

    最新記事

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    バックナンバー

    recent comment

    ブックマーク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM