落語な週末

0

    10月5日6日と、落語会が続きました。

     

     

    まず、5日は車を西へ西へ走らせて、たどり着いたのは潮干狩りで有名な新舞子。

     

     

    寄席の会場となった舞子館から、海を撮ってみました。

    海岸で、ヨガをしている人がいますね。

    気持ちよさそうです。

     

     

    そういえば、長い間海なんて見ていなかったなぁ。

    親子連れかしら?浜辺で遊んでいる人がいるわと、ぼんやり眺めていたら・・・

     

    大変!大変!

    のんびりしている場合じゃない!

     

    3時半から「舞子館寄席」が始まります。

    お客様は何人くらいいらっしゃるのかしら??

     

    もしかしたら、あまりいらっしゃらないのかも?

     

    ところが、私の心配をよそに広い座敷に約30名のお客様がお越し下さいました!

    ありがとうございました。

     

    普段は、宴会に使われているお部屋でしょうか?

    りっぱな天井です。

     

     

     

    トップは

    ペナル亭キックさんの「桃太郎」

     

     

    続いて、

    あがり家寿五六さんの「天狗裁き」

     

     

    最後は、

    舞寿亭みっきーの「マキシム・ド・ゼンザイ」

     

     

    次の日の6日は、姫路の落語の聖地と言いましょうか?

    最近は、アマチュアの人はもちろん、プロの落語家の方がよく使われている

    「七福座」

     

     

    ここは、本当に使い勝手がいいです。

    必要なものは、すべて揃っているし、高座の高さもあるし、

    なにより

    会場が四角い箱で窓もなく、話に集中してもらえます。

     

     

    この日のプログラム。

    トップバッターだった瀬戸内亭さんは、のどの調子が悪く喋ることは

    ドクターストップがかかり、欠席でした。

     

    ですので、私がトップに!

     

    最初って、あまりいいものじゃないです。。

    寄席が始まるという空気を作るというか・・・

    難しい。。

     

    え〜い!

    やるしかないわ!!

     

     

    会場は、約50名のお客様。

    大入り満員です。

     

    このようにたくさんの方の前で、落語ができるというのは、

    アマチュアにとっては、本当に幸せな事です。

     

    こころ家遊人さん「初音の鼓」

    「よ〜、ポン!」「コン」という掛け合いが、大きな笑いを誘いました。

     

     

     

    トリは、

    六花亭春水さんの「天狗裁き」

     

    同じ事の繰り返しですが、段々エスカレートしていく様が面白いです。

     

    高座の前に、演者3人で記念撮影。

    たくさんの方にお越し頂き、本当にありがたかったです。

     

    次回「白鷺寄席」は、3月1日(日)の午後、時間は未定ですが、1時からか2時からか。

    どうぞ、皆さんお越し下さい!

    (次回は、私は演者ではなく受付嬢ですが)

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
    神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
    (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
    プロフィールをもっと見る
    書いた記事数:257
    最後に更新した日:2020/04/08

    カテゴリー

    最新記事

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    バックナンバー

    recent comment

    ブックマーク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM