兵庫教育大学に行ってきました

0

    10月30日(水)午後2時50分〜4時20分まで、教護教育大学の3年生にお話しさせて頂きました。

     

    テーマは、「面接のマナー・電話応対・メール手紙の書き方」

     

    ごく基本的な事。

    例えば、メールだと、

    「自分はどこの誰で何者かという事を知らせる。」

    名乗るということです。

     

    当たり前のようですが、学生の中にはいきなり自分の用件だけを書く人もいるそうです。

     

    「今日のガイダンスは欠席します。」というように。

     

    これだけだともらった方は、誰かわかりませんよね。

    ラインのようなやりとりに慣れていると、

    ついつい自分の事は相手はわかっていると思ってしまうのかもしれません。

      

    この日の会場は、こちら。

    図書館でした。

     

     

    90人くらいでしたでしょうか?

    こういう場合は、やはり後ろから席は埋まっていきます。

     

    最後に来た人が、一番前に座るようになりますね。

     

    「よかったねぇ!

    コンサートなら、ここはSS席ですよ!」と言いましたが、

    彼らにとってSS席と思ってもらえたでしょうか?

     

    私は、どこへ行ってもだいたい一番前に座ります。

    だって、よく見たいし聞きたいですもの。

    それに、何か質問するときも一番前だとしやすいです。

     

    まだ3年生ですから、今の学生生活を充実させて、いろんなものを見て感じてほしいと思います。

     

    そして、そこから気づいた事を、あまり型にはめ過ぎないで表現できるといいなぁと思います。

     

    基本の型をお伝えしているので矛盾しているようですが、

    「基本の型は知っている。が、その型をあえて破るのが型破りの方法。

    これは、いいですよね。

    でも、基本の型を知らずして行うと、型なしになってしまいます。

    これは、頂けません。」

     

    この日の基本を頭に入れて、その人らしく型を破っていってほしいなぁと思います。

     

    *****************************

    キャンパスは、木々が色づきはじめ、落ち葉が秋が深まりつつあることを

    教えてくれました。

     

    「私の型は何かな??」

    「B型です。」

    「なんでやねん!それは、血液型やん!」

     

    これから、ブログの書き方も型を破ります!

    このような小咄も書きますよ(笑)

     

    どうぞ末永くおつきあい下さいね。

     

     

     

     

    帰り道、夕日がとても綺麗でした。

     

     

     

    まるで、目玉焼きのように見えました。

    おいしそうな黄身の色でしょう?

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
    神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
    (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
    プロフィールをもっと見る
    書いた記事数:257
    最後に更新した日:2020/04/08

    カテゴリー

    最新記事

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    バックナンバー

    recent comment

    ブックマーク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM