新春初笑い

0

    「初笑い新春落語会」を開催頂きました。

    今年で、3年目。 

     

     

    場所は、姫路の北にある「豊富公民館」

     

     

    2階のホールが、会場。

    壁には、この通り、新春落語会にふさわしい飾りをして下さってます。

     

    館長さん、ありがとうございました!!

     

    約55名の方がお越し下さいました。大入満員!!

     

     

    トップは、私「舞寿亭ミッキ」

     

    今日の着物は、お姑さんにもらったもの。

    帯は、着付けの先生に頂きました。

     

    落語をしていると、不思議と着物や帯が集まってきます。

    そういえば・・・

     

    こんな事もあったんですよ

     

     

    あれは、3年前♪

     

    い、いえ違います。

    もう5〜6年になるでしょうか?

     

    加西市で行われたイベントで落語をさせて頂いて、黄八丈?のような着物を着たまま歩いていたら。

     

    「私は、あなたが着ている着物と同じような着物を持っている。

    あなたのは、木綿だけど、私のは絹です。よかったら、来て下さい。」と、突然

    お声をかけて頂いたのです。

     

    「い、いえ、そんな高価なものは頂けません。

    お嬢さんが着られるのでは?」と、隣に立っているその方の娘さんと思われる

    美しい女性を見て言うと、

    その方は微笑んで首を横に振ります。

     

    で、結局は頂いてしまいました!

     

    今思うと、不思議ですよね。

    赤と黒のモダンなすてきな着物です。

     

    また近いうちに着てみよう♪

     

     

    さて、私の次はリサイクル楽器の演奏家のマエストロ足立さん。

     

    彼は、R-1の1回戦は突破しています。

    今週の土曜日、2回戦があるそうです。

     

    ほとんどの参加者は、吉本とか松竹芸能とか、いわゆるプロの若い人の中で「フリー」という

    立場で参加。かっこいい!

    テレビにでるまで進んでほしい。

     

     

    トリは、三遊亭楽団治さん。

     

    可愛いネズミの額をお客様にプレゼント。

     

    受け取ろうと出てくるお客様が、何かにつまづいたのでしょうか?

    転んだように見えました。

     

    すると、すかさず「ネズミだけにチューイ(注意)して下さいよ。」

    笑いました。

     

     

     

    高校時代の友人が、3人一番前で応援下さいました。

    よく笑ってくれてたね。

    ありがとうね。

     

    落語は、着物だけでなく「旧友との再会」というプレゼントまで

    もたらしてくれました。

     

    本当に大笑いしたひとときでした。

     

     

    「笑いは副作用のない一番のくすり」

     


    コメント
    コメントする








       

    プロフィール

    profilephoto
    元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
    神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
    (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
    プロフィールをもっと見る
    書いた記事数:266
    最後に更新した日:2020/06/21

    カテゴリー

    最新記事

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    バックナンバー

    recent comment

    ブックマーク

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM