サクサク仕事術

0

    8月7日(水)兵庫県中央労働センターで、「おもしろ講師塾」の第3回と4回が

    開催されました。

     

    私は、10時から12時半までの第3回を担当しました。

    テーマは、届けるという仕事。

    内容は、「話は目で聴く!この人の話を聴きたいと思わせる講師としての魅力を

    お伝えします」

     

     

    仕事の始まりには欠かせない、名刺交換はスマートにしたいものです。

     

     

    と、私の事はこれくらいにして。

     

    午後のいなまつゆかさんの

    「漏れ・ダブリを防ぐ!サクサク進む仕事術」の話を

    書いてみます。

     

    内容は、

    事務仕事が苦手な人でも負担にならない、叱ってくれる上司がいなくても

    サクサクできる事務仕事のスキルをお伝えします。ですって!

     

    ほら、知りたくなったでしょう?

     

    マインドマップや自作の映像を使って、とても楽しく学べる講座でした。

    ためになる事がたくさんあり、即実行しようと思ったものもいくつか。

     

    中でも、これ!と思った事が3つ。

     

    一つ目は、2分間ルール。

     

    私たちは、やろうと思ったことも、なかなかできない。

    なぜなら、私たちの頭はめんどくさがり。心は、気分屋。

    そして、身体はなまけもの。

    この頭と心と体に、指令を出すのは、私自身。

    頭と心と体の上にあるものとして、私がこの3つをコントロールしないといけない。

     

    でも、めんどくさいし〜。そんな気分じゃないし〜。

    なまけたい〜。

     

    そういう時、どうするか?

    2分間ルールです。

    「2分でできる事なら今するというルールを決めておく」

     

    そう、めちゃくちゃ難しいことはよーく考えてからでないと

    始められないけれど、2分でできることならやる。

     

    例えば、テーブルの上に出したままの新聞を片づけるとか。

    これは、2分もあれば充分ですよね。

    「じゃ、やってみよう。」

    サクサク進んでいきますね。

     

    2つ目は、空中戦。

    どういう事かというと、例えば同窓会の案内ハガキが来た。ポストから取り出して手に持った。

    それをテーブルの上に置くな。空中戦だ!

    手に持ったまま、さっさと予定を調べて書けるのなら、その時に返事を書いて

    ポストに出すためにバッグに入れておく。

    つまり、地上に置くなと言うこと。床の上とか、テーブルの上とかね。

     

    なーるほど!

    空中戦ね。

    これだと、しなければならない返事がたまっていきませんよね。

    サクサク終わっていきます。

    「あの返事は、締め切りが来月だから」とポイとその辺においたハガキを

    何度捜したことか・・・・・

    やってみる価値はありますね。

     

    3つ目が「時間の見える化」

     

    自分が1日、何にどれくらい時間を使っているか見えるようにする。

    例えば、このようなシートを使ってみるとわかりますよね。

     

    中学生の時、帰宅してからどのように過ごしたか?という事を

    このようなシートに書いて提出していた事を思い出しましたよ。

     

     

    食事やテレビに費やした時間、そして勉強した時間が一目で分かりました。

     

    今の私は、中学生の時より何にどれくらい使っているのか「見える化」するのは

    大切になってますよね。

    なぜなら、使える時間は確実に少なくなっています。

    さっそく、やってみましょう。

     

    あなたもよろしければ、どうでしょうか?

     


    私らしく働きたい!!(女性の再就職・転職)応援セミナー

    0

      7月26日(金)、あすてっぷKOBE(神戸男女共同参画センター)の2回セミナー室で

      再就職や転職を目指す女性に、お話をさせて頂きました。

       

       

       

      この講座は、3回シリーズです。

      1回目は、「自分再発見」と題して、働くための第一歩として、自分の長所や強みを知り働くことについて考える。

      2回目は、「さまざまな働き方と社会保険制度」ということで、自分にあった働き方を考えてみる。

      3回目は、「〜働くためのコミュニケーション〜 ビジネスマナー」

       

      仕事をうまく進めるために身につけておきたい能力の第一位は「伝える力」ということで

      私が3回目を担当しました。

       

       

      お集まりの皆さんは、自ら申し込んだ方々ですので、本当に熱心に聴き実習にも取り組んで下さいます。

      皆様の学ぼうとする姿勢に接していると、こちらも同じ女性として励まされる思いがします。

       

      「頑張ってね!あなたがイキイキと働く姿を応援していますよ!」と

      心の中で祈りながら、いや、叫びながらお話し致しました。

       

       

      皆様の真っ直ぐな視線も講師としての私を支えてくれましたが、

      話しやすかったのは、もう一つ理由があります。

      演台の上に小さな丸い時計があったのです。

      あまり他の会場では、ないことです。

      ご準備頂いた方のお気遣いでしょうが、とてもありがたいです。

       

      もちろん、自分でも腕時計を持っていって時間は終始頭に入れておりますが、

      このように見やすい目の前に置いて頂いていると、本当にありがたい。

      私のために用意下さったのだと、おもてなしの心を感じました。

       

       

       

       

       

       

      あっという間に予定の2時間が過ぎ、お名残惜しく感じました。

      けれど、私に与えられた時間は2時間です。

      「みんな〜、頑張ってね!」と心でエールを送って帰路につきました。

       

      帰り道、アシスタントのゆきさんとランチを食べて帰りました。

       

      どこに行ったと思いますか?

      会場が、高速神戸駅でした。

      そこで、一駅歩いて、新開地の喜楽館前の「グリル 一平」のハンバーグ!です。

       

      これ、以前から一度食べてみたかったのです。

       

      食べ終わるとちょうど2時半。

      落語の始まりを告げる太鼓が鳴り渡っていました。

       

      が、見る時間がありません。

      そう、欲張ってはいけませんよね。

       

      今日は、以前から食べてみたかった有名店のハンバーグが食べられた!

      それだけで充分です。

       

      そして、なにより、熱心に私の話に耳を傾けて下さった皆様に

      私の方が力を頂いたのですもの。

       

      皆様、本当にありがとうございました。

       

       

       

       

                                                                                                                                                                                                                                                                     


      合同スピーチ発表会の日程決まる

      0

        1年に1回、神戸と明石と姫路で、話し方を学んでいる人たちが集まって

        合同で3分間スピーチの発表会をします。

         

        いつもの教室より広い会場で、聞いて下さる方も多いです。

         

        きっと発表する人は、普段よりずっと緊張してドキドキするでしょう。

         

        でも、100回の練習より、1回の本番です。

         

        今年の発表会は、以下のとおりです。

         

        日時:9月29日(日)9時半開場 10時開始

         

        場所:神戸市勤労会館405号室

         

        参加費:スピーチ発表のみ500円  懇親会 2000円

         

        9月は、まだ先のようですが、お盆が過ぎるとあっという間です。

         

        皆さん、準備万端整えて自信を持ってスピーチできるように、頑張りましょうね!

         

        私も、皆さまが「このスピーチを話したい、みんなに聞いてもらいたい」と

         

        思えるようになるまで全力でサポートします。

         

        そして、そして、発表会を楽しみましょう!

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        たかテレビで放送されます

        0

          6月28日、多可町の高齢者大学での講演の様子が、たかテレビで放送されます。

           

          「放送日は、8月29日(木)17:00〜、31日(土)の17:00まで」

           

           

          こちらのテレビ局は、兵庫県多可町のコミュニティチャンネル(ケーブルテレビ)なので、

          残念ながら私は見る事ができません。

           

          が、放送が終了の後、DVDを送って下さるとのこと。

           

          実は、2年前にも同じように放送後にDVDを送って頂いた事がありました。

           

          さすが!と言うか、プロだから当たり前なのですが、私の話の内容に合わせて

          カメラのアングルを変えて撮って下さってます。

           

          例えば、物の扱い方で「手先は揃えましょう」という話の時は、

          さっと私の手の先をアップにするというふうに。

           

          私は、時々、自分の話し方をチェックするために自分でビデオカメラを持ち込んで

          撮影する事があります。

          が、それは固定した三脚にビデオカメラを置いたままです。

          あまり変化のない画像です。

          それらの画像に比べると、「たかテレビさんに撮って頂いた画像は全違う!!」

          2年前にそう思ったことを思い出しました。

          本当に、よい記録と思い出になりました。

           

          今回も、どんな番組になっているのか本当に楽しみです。

          少しだけ・・・

          自分の姿を見るのは、怖いのですが・・・

           

          もし、たかテレビが視聴できる環境にある方は、ぜひご覧下さいね。

           

          放送日は、8月19日29日(木)17:00〜31日(土)17:00〜

           

           

           

           

           


          眉は、出しましょう!

          0

            7月3日(水)の午前中、
            姫路わかものサポートステーションで、講座を担当させて頂きました。




            この日は、身だしなみと話し方。

            人間、中身を変えるにはそれ相応の努力と時間がかかりますよね。

            消極的な性格を積極的に変えるなんて、どれだけの努力と時間がかかるのでしょう?

            考えただけで、気が遠くなりそうです。


            けれど、人の第一印象を55%の割合で決める目から入ってくる情報は、
            すぐ変えられる。

            例えば、目の上まで覆いかぶさるような前髪を少し切って、

            もしくは横に流して 眉を見せるだけで、ぐっと明るい印象になります。

            内面は、消極的なままでも、ぱっと見ると積極的な印象を与えます。

             



            感情は、眉に出ます。
            川端康成の「山の音」という作品の中に、このような一節があります。

            「菊子は、美しい眉を曇らせた。」

            感情を描写する言葉は、何もありませんが、わかりますよね〜

            そう、菊子さんは何か困ったこと、いやなこと、何か気にさわることがあったんですよね。

            眉は、雄弁に私たちの気持ちを語ります。

            ですから、眉が髪で隠れていると何を考えているのかわからない人になってしまいます。

            何を考えているのか分からない人と一緒に仕事をしたいと思いますか?

            ミステリアスな自分を演出したい時は、それにふさわしい場面でどうぞ。

            面接の時は、何を考えているのかわかりやすい自分で行きましょう!

             

            眉は出しましょうね。




             


            笑顔でイキイキ!

            0

              6月28日(金)多可町の高齢者大学「多可学園」でお話しさせて頂きました。

               

              会場の正面には、

               

              タイトルの「笑顔でイキイキ」が、可愛いイラストとともに描かれています。

               

              黄色のお日様のようで、スマイルマークのような「にこにこ」したお顔です。

              担当の方が作って下さったのでしょうか?

               

              演台の上には、華やかなアレンジメントが飾られています。

              お花が好きな私は、このように会場をしつらえて頂くと嬉しくなります。

               

              ありがとうございます。

               

               

              先日、何かで見た(何だったかしら?雑誌だったような・・)仏教関係の記事に

              「お花はやさしさの象徴」というような事が書いてありました。

               

              お花を見ているときは、「きれいねぇ。」「可愛いねぇ。」と目を細めますね。

              目をつり上げて、怒る人はまあいないでしょう。

               

              梅から始まり、さまざまなお花が目を楽しませてくれています。

              今は、紫陽花・百合でしょうか? 

              お花を眺めて、優しい気持ちで毎日を過ごしたいものです。

               

               

              この日は、たまたまお花のブローチをつけて行きました。

              演台のお花とよく似ていますね。

              私も、お花になって優しい人になれたらどんなにいいでしょう。

              目指します。

               

              そうそう!

              お花と言えば、とっても珍しいものが!!

               

              ご覧下さい。

               

              ソテツの花?!

               

              裏の畑の一角にソテツが植わっているのですが、葉が邪魔なので

              半分ジョキジョキと切りました。

               

              すると、今まで葉の中で隠れてみえなかった花?実?が

              現われたのです。

               

              10年〜15年に一度くらいしか、咲かないそうです。

              見たら、幸せになるとか・・・

               

              せめて、写真で皆様にお裾分けです。

              どうぞじっくりご覧下さいね。

               

              さ!

              お花の力も頂いて、「イキイキ笑顔で」暮らしましょう!

               

              ちなみに。このイキイキは「行き行き」なんです。

              あちらに行って笑顔を届け、こちらに行って笑顔を運ぶ。

               

              こんな「イキイキ」すてきだな。

               

               

               

               

               


              宿題ができた!

              0

                今日は、書道のお稽古の日。



                板書の字が、もう少しましになればと始めて、さあ10年近くなるでしょうか?


                夕方に、先生のところに行かないといけないのに宿題ができていない!!
                まるで小学生です。

                そんな時、私のとっておきの場所が 喫茶「みんと」さんのベランダ。



                ここで、1人必死に筆を運ぶこと2時間。
                自然の風が、気持ちいいです。



                家に帰っている時間がないのです。



                ネコちゃんが、応援に来てくれました。

                なんとか、できました!




                まだこれから、先生のお宅で書くのですが。。

                まずは、宿題ができました。
                では、行ってまいります。

                 


                時満ちて

                0
                  園芸店で求めたカサブランカの鉢植え。
                  うちに来た頃は、10数センチの茎に葉っぱが、数枚ついていただけ。

                  どんどん少しづつ大きくなって・・・

                  昨日の午後7時頃は、蕾がまるでペリカンのくちばしの様に膨らんでいました。




                  もうすぐ咲くかも?と、今朝7時前に見てみると。。




                  開いていました!!!








                  花言葉は、『高貴』『純粋』『無垢』『威厳』『祝福』

                  しばらくは、庭に出るたびに高貴な気分に浸れそうです。

                  安富公民館教養講座 「高齢者教室」

                  0

                    6月19日(水)安富公民館教養講座「高齢者教室」で

                     

                    落語の先生の「桂 出丸」さんと落語をさせていただきました。

                     

                     




                    今回の寄席を企画下さった、福田館長と開演前に記念撮影。

                     


                     

                    舞台も準備完了!

                    安富町は紫陽花が有名ですね。

                    大きな壺にたくさん飾られています。

                    金屏風もあり、本当にすばらしい舞台です。

                     

                    お客様が入る前に、一度座ってみました。

                    広すぎもなく、途中から階段状になっていて、

                    いい感じです。



                    私の演目は「冷蔵庫哀史(冷蔵庫エレジー)」

                    冷蔵庫の中で繰り広げられる話です。



                    先生の出丸さんは「青菜」

                    夏にぴったりの話です。

                     

                    私も舞台袖から聞いておりました。



                     

                    身振り手振りも全力投球!

                    皆さん、大爆笑です。


                     

                    この日は、近くの高齢者施設利用の方々がたくさんいらしてました。

                    私の舞台袖の場所からは皆さんの様子がよく見えました。

                     

                    はじめは、無表情だった皆さんが、

                    出丸さんのお酒を飲む仕草に見入り、

                    ここで笑うところというタイミングで笑顔になっているのを見たときに

                    「よかった。」と嬉しくなりました。

                     

                    大きな大きな笑い声が、館内一杯に響きました。

                    私も大笑いして聞いていました。


                     

                    「米ギャラリー大手前」に立ち寄り、記念撮影。

                     

                    皆様の笑顔と笑い声を胸に、幸せな気分に包まれて帰路に着きました。

                     

                    安富公民館教養講座を担当させていただき、ありがとうございました。



                     

                     


                    させて頂く?させていただく?

                    0

                      6月5日、兵庫教育大学で「教師力養成特別演習機廚鮹甘させていただきました。

                      内容は、面接のマナー・電話応対・手紙の書き方・メールの書き方です。

                       

                      私の話はできるだけコンパクトにし、実際に学生の皆さんに4人ずつのグループになって

                      実習。そして気づいた事をそれぞれホワイトボードに書き込む。

                      更に隣どうしで、ボードを見せ合って話し合う。

                      このやり方は、担当の先生がやってみましょうということで、

                      初めての試みでした。


                       

                      こちらは、教員の採用試験の合格率は全国でもトップクラスです。

                      学生の皆さんも先生方も熱心で、私もやりがいを感じます。



                       

                       

                      緑に囲まれた、自然豊かなキャンパスです。

                      まわりの田には、水が入り田植えの準備も整っているようです。


                       

                      最近は、固定電話がない家も多く、また携帯電話でさえあまり使わないようです。

                      ラインでスタンプをペタリと送れば用は済みますね。

                      電話の親機を見たこともないという人も、学生の中にはいるかもしれません。


                       

                      また、手紙もそうですね。

                      最近は、本当に書かなくなりましたね。

                       

                      そうそう、先日このような質問が出ましたよ。

                       

                      「〜〜〜させていただきます。」か「〜〜〜させて頂きます。」かどちらですか?


                       

                      どちらでしょう?


                       

                      頂くという意味があれば、例えば「冠を頂く」これは漢字です。

                      が、意味は無く形式語としての「いただく」は、平仮名。

                      ですので、「〜〜させていただく」は、平仮名ですね。

                       

                      質問を受けるときは、一瞬緊張します。

                      けれど、自分の成長には必要ですね。

                       

                      これからも、受けて立ちましょう!

                       

                      と、そんなに大きな声で、叫ぶ必要はありませんが。

                       

                      自分の勉強を怠らず、深めなければと再確認させていただきました。

                       

                      「させて頂く?」「させていただく?」の質問、ありがとうございました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:194
                      最後に更新した日:2019/09/16

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM