「よろしゅうおあがり」

0

    「よろしゅうおあがり」

     

    まるで田辺聖子さんの世界が立ち上がってくるようなご挨拶。

    これは、29日(水)にお伺いした「芦屋川カレッジ」でお聞きした言葉。

     





    ここ8年くらいでしょうか?

     

    芦屋市の60才以上の方が対象の芦屋川カレッジでお話しさせて頂いています。

     

    到着すると、司会の方がお出迎え下さいます。

    今日のお二人は、同世代。

    なんと!

    男性は、同じ時期に同じ大学の同じ学部に通っていたそうです!!

    きっと学食かどこかですれ違っていますよね。

     

    思わず3人で写真を撮りました。

     

     

    さて、今日のテーマは、「笑う門に福来たる〜」

     

    明るい笑顔は、健康という幸福をつれてきます。

    挨拶には笑顔を添えてしましょう。

     

    ではどんな挨拶の言葉があるでしょう?と

    投げかけてみると・・・

     

    さすが、芦屋です!

    「ごきげんよう〜」という言葉が出ました。

     

    (これは、講演が終わってお部屋を出る前に、

    「では、皆様ごきげんよう」とさっそく使わせて頂きましたよ。)

     

    そして、「いってきます」「ただいま」「おかえり」

    「いただきます」「ごちそうさま」と、

    よく聞く挨拶が続き、

     

    「よろしゅうおあがり」

     

    という言葉があがりました。

     

    一番前の席の男性が、

     

    「『ごちそうさま』というと『よろしゅうおあがり』とおばあちゃんが言ってました。

    大坂では、そのように言っていました。」と。

    お隣の女性も、『「ごちそうさま」の後に言っていた』と。

     

     

    そういえば、祖母も使っていたなぁ・・・

    私も祖母の事を思い出しました。

     

    祖母は、若い時に御影の奥様のところに奉公に行っていたと聞きました。

    小さく丸まって冬はいつも着物を着ていました。

    年をとっても身ぎれいで笑顔の美しい人でした。

    その祖母が、ご飯の時に「よろしゅうおあがり」と私たちに言っていたなぁと。

     

    私は、「いただきます」の後で「よろしゅうおあがり」と言って「これからおいしくいっぱい食べてね。」

    という意味だと記憶していたのですが、「ごちそうさま」の後に使う言葉だったのですね。

     

    どちらにしても、

     

    「よろしゅうおあがり」は

    優しく響く言葉ですね。

     

    私も、孫娘に「よろしゅうおあがり」と微笑みたい。

     

    そして、いつか彼女が私を思い出す時に、

    優しく響く「よろしゅうおあがり」の言葉と共に

    笑顔の美しい人だったという記憶が蘇るといいなぁ。

     











     

     


    落語から学ぶイキイキ話し方講座

    0

      1月27日ひめじ若者サポートステーションで「落語から学ぶイキイキ話し方講座」

       

      を開催頂きました。

       

       


       

      趣味で始めた落語。

       

      当初は、まさか話し方の講座に落語が関係するとは思いませんでした。

       

      「自分が喋る時に役に立つかもしれない」とは少し思いましたが・・

       

      まさか、落語で私が学んだ事を話し方講座でお伝えするようになるなんて!

       

      長く続けていると自分からではなく、周りからお声を掛けて頂き新しい可能性や

      世界が広がっていくという事がありますね。

       

      この日に、若い方々にお伝えしたのは、私が落語の先生から一番よく注意される事。

       

      「その気になって喋る」

       

      情景を120%思い浮かべて、その登場人物に自分がなる。すると、

      自然と言葉に感情がこもる。

       

      書いている文字を読んでいるだけなら、相手に伝わらない。

      就職の面接も、どこかに書いてあった志望動機を暗記して喋っても伝わらない。

      自分の思いを、言葉だけでなくしっかり視線を合わせて相手に届けましょうね。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      笑い過ぎな「明石駅前寄席」

      0

        1月26日、
        第1回「明石駅前寄席」が約60人のお客様にお越し頂き開催されました。

         

        心配された雨も降らず、用意した椅子が足りなくて次々に追加という嬉しい悲鳴を上げました。

        お越し下った皆様、本当にありがとうございました。





        実は、私がこの会に参加させて頂いたのは不思議なご縁なんです。

        なんと!この会の張本人?主催者の無眠(む〜みん)さんと、夫がいとこだったのです。

        夫の父と無眠さんのお父様が兄弟だったのですね。

        以前から、「いとこに落語をしている人がいる」とは聞いていたのですが、

        今回明石在住の無眠さんが、明石で落語会を立ち上げる際に、お声を掛けて頂きました。

         

        他の出演者の皆さんも、落語会に慣れていらっしゃる方ばかりで、

        あっという間に普通の会議室が寄席の空間に変わります。


         

        私は、入り口でお客様をお出迎えしました。

         

        この日は、ウサギが跳ねている模様の小紋を選びました。

        ウサギがぴょんぴょん跳ねている模様は縁起がいいと言われます。

         

        「第1回の明石駅前寄席がうまくいきますように。」と思って

        縁起がいい着物を選びました。

        帯は、朱と金の袋帯。どちらもおめでたい色です。


         

        トップは、夢ノ家くっかさん「酒の粕」

        落ち着いた語り口。

        お客様が、仁鶴さんのようだという感想をおっしゃいましたが、ほんとにそうですね!

         

        実は、高校の先輩という事がこの日判明。

        ご縁っていろんなところにありますね。

         

         
         

         

        続いて、舞寿亭みっきー「冷蔵庫哀詩(エレジー)」

         

        この話は本当に面白いのですが、男性の中には、ピンとこない場面もあるようです。

         

        「あなたは格が違うの。

        だって、スーパーの安売りでも、

        アイスクリーム全品半額、かっこハーゲンダッツは別って書いてある。

        貴方と私は格が違うの」というプリンちゃんのセリフがあるのですが、

        これは普段からよくスーパーに行っている人でないとわかりませんよね?

         

        でも、わかる人にはわかる。

        ここ、喋っていてもとっても好きなところです。

         

         

         

         

        三番目は、鳳亭四季(ほうていしき)さん「火焔太鼓」

         

        しゅっとした高座姿のかっこいい方です。

        お客様も、「かぶりつき」と言う言葉の通りすぐ目の前でお聞き下さっています。

         

         

        仲入のあと、

         

        小林げん馬(げんば)さん「老楽風呂」

        マラソンがご趣味で、この日も朝に10キロ走ってこられたとか・・・

        そんな暇があったら、落語の稽古をしたらどうや?!と、ご自分でつっこんで

        いらっしゃいました。

         

        鮮やかなペパーミントグリーンの羽織!どこでこんなん売ってるのだろう?

        体幹のしっかりとした座り姿に、鮮やかな衣装が決まっていました。

         

        中入り後は私も着替えて客席で聞かせて頂きました。

        次々展開する、おじいさんとの会話がとっても面白かったです。

         

         

         

        トリは、

         

        竜宮亭無眠さん「片棒」

         

        もうほんとに面白い!

        笑いのジェットコースターに乗せられて、「ハハハハ!アハハハ!」と声を出して

        大笑いしました。

         

        この方は、第一声で場の空気を変えるというか・・

         

        ともかく、ええ声です。

        あれは、持って生まれたものなのかしら?

        そういえば、おじさまはお能をなさっていて、ええ声でした。

         

        あんな声になりたいなぁと思いながら、大笑いしてました。


         

        落語会の後の打ち上げほど、ビールの一口目がおいしいものはありません。

        演者とスタッフで、楽しく・・・・

         

        話すのは・・・・・

         

         

        落語のことのみ!

         

        「本当に皆さん、落語がお好きなんだなぁ」と新参者の私は心の中でキョロキョロしながら

        お話しを聞かせて頂きました。

         


         

        「明石駅前寄席」の皆様、本当にお世話になりました。

        これからもどうぞよろしくお願い致します。

         

         

        お越し下った皆様、今回はご縁のなかった皆様も

        第2回、第3回と「明石駅前寄席」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

         

         


        チクチククラブ 2020年1月

        0

          もう3年くらいになるでしょうか?

          月に1度集まってチクチクと作品を作っています。




          それまで全くハンドメイドには縁がなかったのですが、人間どんなふうに変わるかわかりませんね。


          これは、多分4年前に孫娘が生まれたからでしょう。

          靴下1足で作るお猿さんのお人形・ソックモンキーにはまってしまいました!
          彼女の喜ぶ顔を思い描いて、せっせと針を動かしました。
          プレゼントしたモンキーのシッポを持って振り回したり、口に入れたり。。
          縫い目が裂けてきて、「入院させるね」といって修理をしたり。

          手作りだからこそ、不具合があると自分で直せる。

          ハンドメイドのよさですね。


          それ以来、月に1度何かを作っています。
          よき先生と仲間に恵まれたおかげです。


          こちらは、12月の作品です。



          今、巷では「ルルベちゃん」というバッグにつける小さなドールが流行っています。

          その子たちは、お洋服を着ているのですが、その着物バージョンを先日作りました。



          先生が、事前に「私たちでも作れるように、かつ、出来上がりがそこそこいいものであるように」
          試行錯誤して材料をご用意下さいます。





          「孫娘が喜ぶかな」と思いながら、
          チクチクと針を動かす時間は、私にとってはかけがえのないひとときです。



          同じように針を動かすのでも、
          これが大切な人のための千人針を縫うのでしたらどうでしょう・・・

          考えるだけで、胸が張り裂けそうになります。


          ガラス越しの暖かい陽を受けてのドール作りは、今はなんと平和だと思わずにはいられません。





          孫娘が針を持つ時も、愛する人の喜ぶ顔を思い描くひとときでありますように。


          チクチクと針を持つ時間は、 今の平和に感謝し、未来の平和を祈らずにはいられないかけがえのないひとときです。


           


          ふるさとのなごみ

          0

             

            1月は、お正月や成人式もあるので、

            着物姿の女性を見る事も多かったですね。

             

            このお人形たちは、先日作ったもの。

            まだ髪をつけていない子もいますが、

            出来上がるとそれぞれにみんな可愛い!

             


             

            さて、先日の話し方教室のテーマは、1月でしたので「お正月」

             

            そこで、Nさんは「ふるさとのなごみ」というお話しをなさいました。

             

             

            『定年退職して、都会からふるさとに帰ってきた。

            そこで、神社の役をしていて感じた事を話します。

             

            足の神社として有名なこの神社はお正月には3000人の初詣があり、年末から準備に追われます。

            しめ縄、門松、神社に至る道までの夜間照明、鳥居の塗装。

             

            鳥居の塗装は、汚れを落としはがれたところにはパテを埋め、下塗りをして朱色の塗料を塗っていく。

            ほとんどが高齢者のメンバーがつなぎの作業着を着て脚立をあがっていきます。

            けがをしないように気をつけて、下にいる者も

            「おーい、気をつけてな。」

            みんな年をとって、体がえらいはずなのに、このように代々受け継がれている作業によって、

            神社はりっぱに続いている。

             

            「みんなえらいな。自分もしっかりしていかなあかん。」

             

            お役の先輩が

            「お供え受け取ったら、ありがとうと言うのと違うで。

            お預かりします。受け取ったら、すぐに名前を張り出してな。」

             

            このように村の人と交流できる空間は、都会のサラリーマンと違う空間です。

            奉仕作業や、その後の憩いの場は、かけがえのない人との交流を与えてくれます。

             

            除夜の鐘が鳴り、真夜中の冷気が体を包んできますが、その寒さが気にならない

            ふるさとのなごみでした。』

             

            長い間関東でサラリーマン生活をなさって、ふるさとに戻ってこられたのですね。

            お疲れさまでした。

             

            そこで、今再び神社の奉仕活動を通して生まれ育った土地で人間関係を築いていらっしゃるのですね。

            その関係は暖かく、癒やされるものなのですね。

            今の状況をとても素直に受け容れていらっしゃるお姿がすてきだと聞かせて頂きました。

             

            ただ、このスピーチは4分30秒になってしまいました。

             

            そうすると、聞いていて長いなぁという思いがどこからか立ち上がってきます。

            その思いは聞き手の聞こうとする熱量をさげてしまいます。

             

            3分間スピーチで大切なのは、

             

            あれもこれもでは印象に残らない。

            言いたい気持ちをぐっと堪えて、「なるほど!」と思ってもらえる具体例を1つ。

             

            この話だと、

            脚立を押さえるところの具体例があって、そのあとの「みんなえらいな。自分もしっかりしていかなあかん」

            というところで終わるといいと思います。


            その場合、その情景をもう少し具体的に述べる。

            登っていっている人がなんと答えてのか?など、会話をリアルに再現するとスピーチがとてもイキイキしてきますよ。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            日曜日は「明石駅前寄席」!

            0

               

               

              これから、しばらくずーと雨が続くようです。

               

               

              困った。困った。こまどり姉妹。←古っ!

               

               

              なぜ困るかと言うと・・・

               

               


               

              そうです!

               

               

               

              日曜日に、明石駅前寄席があるからです。

               

               

               

              第1回明石駅前寄席

               

               

              日時 1月26日(日)午後2時半〜

               

               

              場所  ウィズあかし 7階701

               

               

              番組    「酒のかす」夢ノ家くっか

               

               

                    「冷蔵庫哀詩」    舞寿亭みっきー

               

               

                    「火焔太鼓」     鳳亭四季

               

               

                       仲入り

               

               

                    「老楽風呂」小林げん馬

               

               

                    「片棒」  竜宮亭無眠  

               

              私は別にして、他の方々はとても達者な演者たちです。

               

              大学の落研ご出身で、落語歴も大変長い方々。

               

              きっと、大きな笑いをプレゼントしてくれると思います。

               

              初笑いというには、もう1月も最後ですが、どうぞ大笑いをしにいらして下さいませ。

               

              笑いは副作用のない一番の薬ですので。

               

              皆様のお越しをお待ち致しております。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               


              メイクを学ぶ

              0

                美容理容の専門学校でメイクを教えていらっしゃる奥田浩子さん。

                 

                同じ日に授業があると、お昼休みにお話しなどするのですが

                とてもパワフルで楽しい方です。

                専門学校でメイクの相談にものって下さり、お会いできると嬉しくなる方です。

                 

                同じく専門学校で教えていらっしゃるKさんと、京都の奥田さんのお店に

                メイクレッスンを受講のため訪れました。

                 

                1年前にレッスンを受けたのですが、いつの間にか我流になってしまっているので、

                おさらいためです。


                京都の錦市場の近くにある「OHBL BEAUTY DOORS」 と白が基調の外観。

                 

                インテリアも清潔感のある白。

                 

                みーーんな白。

                 

                 

                そこで、学んだ事は

                 

                軽く〜〜〜

                軽く〜〜〜

                軽く〜〜〜〜

                 

                次の写真は、頬にかる〜く、コンシ−ラーを置いているだけで

                ファンデーションは塗っていません。

                でもシミがあまりわかりませんよね。

                このメイクをすると肌色がとても綺麗!(自画自賛、お許し下さい)


                 

                私の顔は目が横に広がっているので、

                眉は、すこし眉がしらを顔の真ん中に寄せて描く。

                そうすると、広がっている顔がキュッと真ん中に寄って見える。

                なるほど〜〜!

                 

                「どう見せるかよ」と、力強くお話しになります。

                 

                 

                メイクが終わった後に、

                撮影タイム!

                 

                こんなポーズや・・・・




                こんなアップも・・・・

                撮って頂きました。

                 

                 

                 

                メイクもピアノや習字と同じ。

                正しい方法を習って、

                何度も何度も繰り返して身につけていくものと教えて頂きました。

                 

                明日から、実践しないとね!

                 

                 

                 

                 


                 


                こんな社会人になる

                0

                  今日でもう1月も3分の2が過ぎたのですね。

                  つい先日、お正月を祝ったと思うのに・・・

                  もう2月が目の前。

                   

                  日が長くなりましたものね。

                   

                  さて、今日は、姫路の理容美容専門学校へ。


                   

                  トータルビューティー科の2年生に6時間授業。


                  ほとんどの学生が就職を決めて、春からはネイリストやエステティシャンとして働きます。

                  入学してから、ネイル、エステ、メイクの検定や資格取得に忙しい学生生活を送っていた彼女たち。

                   

                  私は、接遇マナー検定受検対策と就職対策の授業を担当しました。

                  今日は、彼女たちには最後の授業でした。

                   

                  「こんな社会人になる」というテーマでそれぞれの意見をまとめてもらいました。

                  イラストが得意な人も多いです。


                   

                  「箸が転んでもおかしい」というのは、本当に彼女たちの事です。

                  本当に、よく笑う。

                  パっと花が咲いたように笑います。


                   

                  春からは、世界にひとつだけの自分の花を咲かせる事ができるように

                  仕事を頑張って下さいね。


                   

                  今度会うのは卒業式。

                  彼女たちの旅立ちに立ち会うことができるのは、

                  心躍る瞬間です。



                   

                   

                   


                  会話がご馳走 楽しいテーブルマナー

                  0

                    1月16日(木)に、姫路商工会議所青年部様の1月例会で

                    「テーブルマナー」を担当させて頂きました。

                     

                     

                    場所は、姫路のクレール日笠様。

                     

                    この日笠という名前に、「あれ?あら?」と思った私。

                     

                    というのは、家の近くに桜の名所として有名な「日笠山(ひかさやま)」があるのです。

                     

                    お花見に何度も登った山。

                     

                    もしかして、こちらのオーナーの方も日笠山に何かご縁があるのかしら?と一方的に

                    親近感を持った私。

                    やはり、お祖母様が日笠山のお近くの方だったそうです。

                     

                    このように、何か自分と共通のものがあると人は親しみを感じますね。

                    特に人は、出身地が同じというだけで、とても親しみを感じます。

                     

                    かつて東京に住んでいた時、同期の1人が養父郡と聞いた時は

                    「わ〜〜、同じ兵庫だね。一緒!一緒!」ととても親しみを感じました。

                    またある人が京都出身と聞いた時でさえ、「同じ関西だね〜〜。一緒一緒」と、

                    これも親近感が湧く。

                     

                    故郷から遠く離れている時ほど、出身地が近いというだけで親しく感じます。

                    だから、自己紹介の時は出身地を入れるのは、話題の糸口としてはいいですね。

                     

                    さて、このように親しみを持って会場入りしました。

                     

                    当日は、ご参加の皆様のお人柄のおかげで、終始とても楽しい雰囲気でした。

                     

                     

                    テーブルマナーというと堅苦しく感じる事も多いのですが

                    「一緒に食事をする人たちと楽しく過ごすために」と考えると

                    気楽に学ぶ事ができると思います。

                     

                    私たちは、誰とでも一緒に食事をするわけではありません。

                    「お茶でも飲みませんか?」

                    「お食事をご一緒に」などとお誘いするときは、それはその方と

                    より親密になりたいと思う心の表れです。

                     

                    飲食のマナーを身につけて、その方と囲むテーブルがすてきなものでありますように。

                     

                    そして、一番のご馳走は・・・・・

                     

                    会話です。

                     

                    この日は、壁に何枚かの絵が掛けられていました。

                     

                    その1枚は、卵の殻を貼り合わせたものという説明をお聞きして、

                    そこから「この部分は何に見える」とか、「どれくらいの時間がかかっただろう」とか

                    その絵に関して話に花が咲きました。

                     

                    食卓にすてきな会話の花を咲かすことができるように、

                    普段から会話の糸口の引き出しを増やしていきましょう。

                     

                    iPhoneImage.png




                     

                     

                     

                     

                     

                     


                    言響表現塾で学んだ事 私のダイエット物語

                    0

                      去年の7月28日に受講を始めた、言響表現塾

                       

                      その日から最終講座の12月22日までに、何度大坂に足を運んだことでしょうか?

                      月に1回の表現塾の他に、宮北先生の7時間の個別レッスンとインスラクターの茜先生の8時間の個別レッスン。

                      そして、発表間近の宮北先生との3時間のグループレッスン。

                       

                      受講を決めるまでは、スケジュールが合わなくて無理じゃないか?とあれこれ迷いました。

                      まず第2回の8月25日は、すでに仕事は入っているから欠席!

                      無理だ〜。

                      これは、今から思うとしない理由を探していたと思います。

                       

                      宮北先生に、ご相談すると、

                      宮北先生は「来期に振り返られるから。大丈夫!大丈夫!」と。

                       

                      う〜〜ん、う〜〜ん、どうしよう???

                       

                      「先生が大丈夫とあんなに明るいお声でおっしゃってるなら、よし!やろう!」と、

                      決めました。

                       

                      すると、「やる」と決めたら、物事はそのように進んでいくのですね。

                       

                      10月27日も10時から姫路で寄席の出番があったのですが、トップに出させて頂いて

                      終わり次第、飛び出しで13時からの表現塾にギリギリセーフ!

                      11月も、落語を終えて飛び出しで、少し遅刻はしましたが、なんとか受講できた!

                       

                      既に、予定が入っているから受講できないと思って

                       

                      やめる事を選んでいたら

                      何も変わらなかったでしょう。

                      でも、「やる!」と決めるとやれました。

                       

                      そして、とっても素敵な宮北先生に応頂いて履けなかったスカートを履くというなりたい自分になれました。

                       

                      今日は、その半年を写真で振り返ってみます。

                       

                      ******************************

                       

                      これは、9月21日、履きたいスカートを試しに履いてみた写真。

                      この当時は、ファスナーが上まであがりません。

                      ここまでで精一杯。

                      ウエストが全然足りません(>_<)

                       

                       

                       

                      この写真の時は、61キロくらいでしょうか?

                       

                      このグラフは、少し減るだけでもたーくさん減ったように見えるので

                      嬉しく思ったことでした。

                       

                       

                       

                       

                      先生に送ったある日の夕食

                       

                      茹でキャベツ+プチトマト+ポン酢 

                      筑前煮のような物

                      豆乳+甘酒

                       

                      ほんま、しょうもなーーい写真です。

                       

                       

                      ある日の夜は、豆乳+甘酒+生姜だけ

                       

                      人様にお送りするとなるとクロスも変えてみたりと、

                      ちょっとだけ普段しない事をしました。

                       

                      けど、やっぱり、しょうもなーい。。

                      本当にこんな写真を毎日送ることを受け入れて下さった先生に

                      感謝しかありません。

                       

                       

                       

                      そして、11月23日!

                      ついに、履けなかったスカートが履けました。

                       

                      この日のレッスンに試しに持参したスカートを履いてみると・・・・!

                       

                       

                      ほら、このとおり!!

                      後ろ姿はないのですが、ちゃんとファスナーもあがってホックもとまっています。

                       

                       

                       

                      思わず先生とVサイン!!

                       

                      やったー!

                       

                      もうこれで、言響を受講した価値はあった〜〜

                       

                      (い、いや、話し方はどうなったのよ?!)


                       

                       

                       

                      今回、やると決めてやったらできました。

                       

                      そして、人はいくつになってなりたい自分になれる。という事を宮北先生との出会いを通して

                      学びました。

                       

                      今度は、宮北先生が私を応援下さったように私が生徒さんを応援する番。

                       

                      半年間をかけて、もちろん様々なスキルを教えて頂きましたが、

                      話し方の講師として、どうあるべきかを身をもって学んだ表現塾でした。

                       

                      私の受講したCコースは、言響の体験コースが開催できる。

                      ぜひ、やろうと思います。

                       

                      「やる」と決めると、物事はそのように進んで行くと、これも今回学んだ事です。

                      学びはいかなさいと!

                       

                      いい場所も見つかりそうです。

                      言響表現塾の受講が、新しい場所に私を連れていってくれます。

                       

                      宮北先生、ありがとうございました。

                      あ、でも、これからも「ことひび」でよろしくお願いいたします。

                       

                       

                      一緒に学んだ同期の皆さん、

                      本当に楽しかったですね。

                      また、会いましょうね。

                       


                       

                       

                      完 

                       

                      言響表現塾で学んだ事 

                      私のダイエット物語 銑ァ

                      長文、お読み下さってありがとうございました。

                       

                      **************************

                      おまけ

                       

                      ちなみに今日は、57.5キロ

                      スカート、今も履けるには履けるけど、ピッチピッチなので

                      もうひとがんばりするぞ!

                       

                       

                       

                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:241
                      最後に更新した日:2020/02/21

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM