100回の練習より1回の本番

0

    神戸新聞文化センター姫路「話し方教室」では、

    普段の練習の成果を発表する場として、2月12日に

    ホテルシーショアリゾートで「模擬叙勲祝賀会」を開催します。

    瀬戸内の海を一望できるすてきなホテルです。

     

     

    ある方が文化勲章を受けたという設定で、祝賀会を開きます。

    司会、受賞者、発起人、乾杯の発声、来賓、余興。

    それぞれの役割を設定して、その立場にふさわしい発表をします。

    言い換えれば「受賞パーティーごっこ」です。

    が、役割を担った方は、皆さん本当に真剣に取り組んで下さっています。

     

    受賞者の役割になった方は

    「始めは少し嫌でしたが、段々楽しくなってきました」と先日

    おっしゃいました。

    この言葉が出るまで、どれだけの練習を重ねたか、

    想像に難くありません。

     

    いよいよ、あと1週間で本番です。

    それぞれのお役を担当する方、当日はどうぞ楽しんで下さいね。

    あなたのスピーチは、今回の役を引き受けた事によって

    大きく進歩する事でしょう。

     

    なぜなら、

    100回の練習より1回の本番が、スピーチの力をつけてくれるからです。

     

     

     

     

     


    よい聴き手は、まっすぐな視線を注ぐ

    0

      昨日のブログで、書いたこと。

       

      「聴き手になった時に、

      話し手の話す力を引き出すような聴き手でありたいと思うのです。」

       

      では、そのような聴き手とは、どんな人でしょうか?

       

      1対1で個人的な話を聴く場合と、たくさんの人で1人の人の話しを聴く

      講演の場合では、違いもあるでしょうが、例えば講演を聴く時。

       

      講師の力を引き出してくれる聴き手とは、まっすぐにこちらを見てくれる人です。

      そのような人は、聴き手がどんなに多くても、会場のどこに座っていても、

      不思議とわかるのです。

       

      先日、母校の高校で281人の1年生の前で話しました。

      どの人も熱心に聴いてくれましたが、

      中に浮き上がって見える人がいるのです。

       

      まわりの生徒に埋没せずに、その存在がしっかりと私の目に入る人がいます。

      それは、ピンと伸びた背筋や真剣な表情によるのものでしょうが、

      なんといっても、その視線です。

      私をしっかりと捉え、外すことなく聴いてくれた彼女。

       

      そのまっすぐな視線は

      「私は、聴いています。」

      というメッセージを強烈に伝えてくれます。

      そのメッセージは、話し手にとって、なんと心強いことでしょう。

      聴いてくれている人がいると感じられる事は、

      話し続ける力を与えてくれます。

       

      よい聴き手は、まっすぐな視線を注ぎます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      芦屋川カレッジ

      0

        2月1日、芦屋市の高齢者大学「芦屋川カレッジ」でお話させて頂きました。

        約100人の受講生の皆様は、皆さまとてもおしゃれですてきです。

        90分間、本当に集中してお聞き下さいました。

        その人生の先輩方の聴く姿勢が90分間を、

        笑顔に溢れた活気のある時間にしてくれました。

         

        講座はもちろん、講師の力量が問われますが、

        聴き手の力量にも大きく左右される

        改めて感じす。

         

        そうであるならば、聴き手になった時に、

        話し手の話す力を引き出すような聴き手でありたいと思うのです。

         

        写真は、会場の芦屋市民センター

         

         

         

         

         

         

         


        新しいブログです

        0

          こんにちは。

          トータルマナー研究所の河本 栄味子です。

          今日から、ブログを新しくしました。

          これからは、こちらで書いていきます。

           

           

          人前で筋道だてて、時間の制限内で自分の伝えたい事を相手に届けるためには、

          どうしたらいいか?

          苦手な朝礼の3分間スピーチを克服するには、どうしたらいいか? 

          まわりの人とどうしたらよりよい人間関係が築いていけるか?

           

          そのような悩みを言葉の力を磨く事で解決していきます。

          どうぞおつきあいよろしくお願いいたします。

           

           



          プロフィール

          profilephoto
          元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
          神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
          (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
          プロフィールをもっと見る
          書いた記事数:154
          最後に更新した日:2018/11/08

          カテゴリー

          最新記事

          カレンダー

          S M T W T F S
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>

          バックナンバー

          recent comment

          ブックマーク

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM