やってみよう!小噺!!聞いてみよう!落語!!

0

    福崎小学校の「はぐくみ学級」の皆様に、小噺を体験、その後ごく短い落語をお聞き頂きました。

    はぐくみ学級というのは、福崎小学校の保護者の希望者で構成されています。
    1年間で何回かの学習会を開催なさっているようです。
    私も子どもが小学生の時は、参加していましたよ。
    姫路市では、あすなろ学級と呼んでいました。
    いや、すぎのこ学級だったかしら?
    すぎのこは、子どもが幼稚園の時の名称だったかしら?
    いずれにしても、どちらもずいぶんと前のことになりました。

    今まさに子育ての真っ盛りのお母様方は、明るく元気な方ばかり。

    小噺も、難しいようでしたが、
    「自分を捨てて下さい!」と、励まして挑戦頂きました。

    最後は、笑顔で記念撮影。



    外は小雪が舞い散る冷たい日でしたが、お部屋の中は皆様の笑顔でポカポカでしたよ。

    また、お会いできますように。

    豊富寄席 大笑いでした!

    0



      1月21日(日)の午後、豊富公民館で、「新春寄席」を開催頂きました。








      笑うのは身体に本当にいいんですよね。
      実感しましたよ。



      というのは、こちらにお集まり下さった皆さんは本当によく笑ってお聞きくださいました。

      身体を折り曲げてお腹を抱えて笑う方、手を打って笑う方。 脚を踏みならして笑う方。。

      全身で大笑いなさっています。

      そんな皆さんを、
      そっと隙間から見ていると
      私の中に元気のタネが蒔かれて、皆さんの笑いが湧き上がる度に、どんどんその元気のタネが育っていきました。


      落語会が終わる頃には、外は寒い冬空でしたが、気持ちも表情も日本晴れ??









      やはり、「笑いは副作用のない1番の薬」。

      毎日、笑いのタネを見つけて笑って暮らしていきたいですね。


      福崎のコミュニティカフェ「河童のさんぽ道」で「河童寄席」開催!

      0
        1月14日、福崎町のコミュニティカフェ「河童のさんぽ道」で、「河童寄席」を開催頂きました。

        会場はあの所ジョージさんのビフォーアフターの番組で取り上げられて、リフォームされた古民家。 大きな梁、高い天井、落語会にぴったりの場所でした。

        おかげさまで、満員のお客様にお越し頂きました。 高校の同級生が8名も駆けつけてくれて、本当に嬉しかったです。 ありがとうございました!
        ペナル亭キック「犬の目」

        舞寿亭ミッキ「マキシム・ド・ゼンザイ」

        三遊亭楽団治「夢の革財布」←本来、年末の話なので、お終いの方を少しだけ新春らしく変えていました。

        最後の話は、大笑いする話でなく、人情話。 お客様も、聞き入っていらっしゃいました。 「笑いは副作用のない一番の薬」 皆様に楽しかった〜と思って頂けたら、 こんな嬉しい事はありません。


        でも、1番楽しかったのは、 演じていた私だったかもしれません。 このような時間が持てる事に、本当に感謝です。

        河童のさんぽ道では、このようなモーニングにドリンクがついて500円で頂けますよ。
        とても、美味しかったです。

        近くの池では、こんな河童が出てきます



        第2回もあるような。。ないような。。いえ、あるんですよ。

        今回、見逃した方は、ぜひお越し下さい。
        もちろん、ご覧下さった方も、ぜひに。
        第一回河童寄席、盛況に開催できました事、心からお礼申し上げます。
        ありがとうございました。

        箸使いは、身体全体を使う事が大事

        0
          昨年、HP経由で箸使いの個人レッスンの依頼がありました。
          2歳と6ヶ月のお子さんのお母様。
          「以前から、自分の箸使いが気になっていたが、これから子供を育てていくにあたって、きちんとお箸を持てるようになりたい」
          という理由でした。


          なんと、すてきなお母さんなのでしょう!
          先日、訪れた私を迎えて下さった彼女は、清楚な美しい方でした。時々、くすっと笑うお顔がチャーミング。

          約1時間半のレッスンをさせて頂いて、気づいた事。
          箸使いは、箸だけを意識さるのではなく、まずは座る姿勢が大切。

          鎖骨を意識して、巻き込み肩にならないようにする。
          腕と手とお箸が一体となるように持つ。


          つまり、身体全体で持つという事です。
          レッスンの始めは、お互い少し緊張があったかもしれませんね。

          でも、最後には、
          「明るく楽しく厳しくいきますよ! 宿題も出します!
          」 と、次までの課題もお伝えしました。 次のレッスンが楽しみです(^^)

          薬指と小指が離れてしまう彼女に、とてもいいアドバイスを思いつきましたよ。
          早くおつたえしたくて、ウズウズしている私です。



          庭の蝋梅も、咲き始めましたよ。




          今年の抱負を語りました

          0

            2018年の初めての話し方教室。

             

            毎年、年の初めのスピーチのテーマは決まっています。

            そう!

            「今年の抱負」です。

             

            言霊と言う言葉がありますね。

            言葉には、力があります。

            年の初めに、抱負を声に出して語る事は大きな意味があると思います。

             

            私が、話し方教室の生徒だった時も、新年の第1回のテーマは、「今年の抱負」でした。

            多分、私はこの教室に通っていなかったら、

            「この1年はこのように過ごしたい。」とか

            「今年はこんなことをしたい。」とか、考える事はなかったかもしれません。

            まして、それを誰かの前で発表するなんて。

             

            毎年、抱負を考える機会を持てたことは、話し方教室に通ってよかったと

            私が思う事の一つです。

             

            ですので、私が講師になってからも、生徒の皆様には

            「今年の抱負」を語って頂きます。

             

            今日、加西北部公民館と神戸新聞文化センター姫路で、受講生の方は

            このような抱負を語られました。

             

            Tさんは、「一読十笑百吸千字万歩」

            毎日、1つ何か読む。10回笑う。100回深呼吸する。千字書く。万歩歩く

             

            Kさんは、運動を頑張る。 ヨガ・走る

             

            Mさん  人の話を最後まで聴く

             

            Hさん  夫と一緒に社交ダンスやゴルフをしたい

                 

            Hさん  前向きにいきたい

             

            Mさん  悪い事は考えずに、赤・白・ブルーのような原色を着て頑張る!

             

            Uさん  1は、健康   2は、国内旅行

             

            Yさん  発信する!  ときめき片付けを言葉で表現する

             

            Yさん  筋肉をつける 何かスポーツを始めたい

             

            私    勉強する 11月11日に茶道検定受けます 合格します

             

            「あ〜、言っちゃった。こうなると、やるしかないです。」

             

             

                  

             

             

             

             

             

             

             


            初釜で、学んだ事 「終わった時は、全て片付いている」

            0


              1月7日、
              お茶の先生のご自宅で本格的な正午茶事を開催頂きました。
              私は、正客という大役を仰せつかりました。

              お正月中も、頭の片隅にずーと手順や、言うべき言葉、ご挨拶がぐるぐる回って100%寛げませんでした。

              でも、せっかくのチャンスです。
              このような体験はなかなかできません。
              前向きに捉えて、できるだけの準備をして臨みました。
              当日は、楽しもう!と開き直りましたよ。


              炭もよく火がついて赤くなっています。
              この炭で釜の湯がよく沸いて、シュンシュンという音が部屋に満ちてきます。
              この音を、松濤と呼ぶのですね。
              静かに耳を傾ける時間が好きです。
              本来は、写真も撮るべきではないのですが、社中ばかりの会でしたし、記録の意味もあり撮影させて頂きました。


              お抹茶をたっぷり入れて練り上げるお濃茶は、初釜でないと味わうことはできません。
              お料理もお道具も素晴らしいものをご用意下さって、本当によい先生に出会えたことをありがたく思います。

              中でも私が毎年驚くのは、
              お茶事が終わり、私たちが帰る時には、使った道具が、すべて綺麗に片付けられている事です。




              物事が終わった時に、すべてきちんと片付いている

              改めて、学ばなければならない姿勢だと感じました。




              (自宅の床の前で)

              今年も笑顔で

              0
                新しい年が明けました。
                皆さま、お正月はいかがお過ごしでしたか

                私も年末年始、家族で賑やかに楽しく、そして忙しく過ごしました。

                今年も
                「笑いは副作用のない1番の薬」をモットーに、講演や研修、そして落語で皆様に笑顔をお届けしたいと思います。

                さて、新春第一弾の寄席のご案内です。



                昨日配布のリビング姫路のおでかけNAVIに掲載された河童寄席。

                1月14日午後2時から。
                福崎のカフェ、かっぱの散歩道で。
                木戸銭は千円(ドリンク付き)
                戌年の初笑いに、いかがでしょうか?

                皆様のお越しをお待ち致しております。

                県立大でキラキラした瞳に出会う

                0

                  11月29日(水)兵庫県立大学でお話させて頂きました。

                  書写キャンパスは、美しい紅葉に包まれていました。

                  思わず、駐車場で1枚。

                  が、もっとすてきな場所がありましたのにね。。

                   

                   

                  この日は、グローバル社会でのリーダーという大きな演題を頂きました。

                  そこで、国際線を飛んでいた後輩と2人で私達の体験を語り、

                  リーダーとはこのような姿ではないかと言うことを

                  語りました。←語るという大袈裟なものでなく、楽しくお喋りしたという感じでしたが。

                   

                  40人弱の1年生の学生の皆さんは、熱心に耳を傾けてくれてありがたかったです。

                  終わった後に1人の女子学生が、「私も客室乗務員になりたいのですが、身長が

                  足りないのですが、なれるでしょうか?」と質問にいらっしゃいました。

                  一番前でキラキラと瞳を輝かせて聴いて下さっていた方でした。


                  「身長が足りないと言うことで受験しないで諦めてしまう必要は

                  ないと思いますよ。

                  今は、受験の要項に身長の事は書いてないと思いますよ。

                  日本でも今は、航空会社はたくさん増えています。

                  海外の航空会社も視野に入れれば、何回も受験できますよ。

                  受験してみたらどうかしら?

                  私でお役に立つことがあれば、なんでもアドバイスさせて頂きますよ。」

                  と名刺をお渡ししました。

                   

                  キラキラした瞳の彼女です。

                  きっと何かの形で夢を叶える事ができると思います。

                  彼女の夢の実現に何かお役に立てたら、なんて素敵なんでしょう!

                  と、後輩と2人で私達も瞳をキラキラさせて?話しました。

                   

                  帰りに見た紅葉は、より一層鮮やかに目に映りました。

                  すてきな出会いをありがとうございました。

                   

                   

                   

                   


                  第21回生きがい寄席「今日の最優秀賞は暖房?!」

                  0

                    11月26日(日)第21回生きがい寄席が開催されました。

                     

                    生きがい寄席のチラシを貼ってお客様にアピール。




                    亀山本徳寺では、毎月第4日曜日に「楽市楽座」が開かれています。

                    この日もありましたよ。

                    私もぶらぶらしてゆっくり買い物をしてみたいのですが、

                    いつも落語の前は準備でバタバタ。

                    落語が終わるお昼になると、市も終わりかけで、毎回残念です。

                     

                     

                    落語の会場は、「櫻の間」です。

                    この門を、どうぞお入り下さい。


                     

                    ずーと、ずーとお進み下さいね。

                     

                    はい、この中庭の左側にある部屋が会場です。

                    なぜ、「櫻の間」なのか?

                     

                     

                    その答えは、こちらをご覧下さい。

                    私が座っている後ろの壁一面に櫻の絵が描かれています。

                    姫路市の重要文化財です。

                     

                    このような素晴らしい場所で、落語をさせて頂けるのは、

                    アマチュアの落語愛好家として本当にありがたい事です。

                     

                    今日は親戚のお姉さんに頂いた小紋に黄色の帯。

                    帯には赤い小さな南天のような実の模様があります。

                    そこで、帯締めと帯揚げは、赤を選びました。

                     

                     

                     

                    お客様は、こちらの廊下を通っていらっしゃいます。

                    広い、広い廊下です。


                     

                    こちらの廊下で、私達は出番を待ちます。

                    手前に、お囃子用のCDラジカセが置かれています。



                    この日は、客席のお部屋は暖房が入っていましたが、それでも

                    寒かったのではないでしょうか?

                    まして、この底冷えのする廊下でじっと待っていると・・・

                    全身、凍ってしまいそうでした。

                     

                    寄席が終わり、ご指導頂いている桂 出丸先生が

                    「今日の最優秀賞は〜」とおっしゃった時、

                    私は「誰?誰?」と耳がダンボになりましたよ。

                     

                    すると、、、

                     

                    「暖房やな」

                     

                    ですって!

                    暖房君、いい仕事していました。

                     

                    お寒い中、お越し下さったお客様本当にありがとうございました。

                    皆様の笑いで、心の中はほかほかととても暖かかったです。

                    これからも、どうぞ「生きがい寄席」をよろしくお願い致します。

                     











                     

                     


                    多可町ふれあい創造大学

                    0

                      11月25日、多可町ふるさと創造大学で講演をさせて頂きました。


                       

                      テーマは「暮らしのマナー」

                      〜次世代に伝えたい暮らしのマナー〜

                       

                      毎日の暮らしで、まず朝起きてすることは?

                      そう、挨拶ですね。

                       

                      そして、毎日1日三度三度の食事の度に行う動作は?

                      そう、お箸を使うことですね。


                       

                      これらの動作を、受講者の皆様と一緒に学んでいきました。

                      皆様、とても前向きで明るく笑いの中で、お聞き下さいました。

                       

                      箸使いでは、お箸のタブーをお伝えしました。

                      やはり日常に密着している事ですので、

                      「お箸にご飯粒がついてもぎとってはいけないのなら、どうしたらいいのでしょうか?」

                      「お鍋を一緒に食べに行った時には、取り箸で?自分のお箸で?」など、

                      質問が出ます。

                      受講者の皆様と一緒に、どうすればベストかと和気あいあいと考えていきました。

                       

                      その場の目的、雰囲気、メンバーなどなどでどうすればいいかは変わってくると思います。

                      基本は、その場にいる人が自分の行いで不快感を持たないようにするという大原則に

                      照らし合わせて行動するということでしょうか。

                       

                      この日は、多可町のケーブルテレビの撮影が入り、

                      大きなカメラが三台三方向から撮ってくれました。

                      近いうちに放映されるそうです。

                      多可町の皆様、どうぞご覧下さいね。

                       

                      この日は、なんと!

                      落語を趣味とする方とも出会えたのです。

                      びっくりすると同時に、大きな刺激も頂きました。

                       

                      皆様との出会いを胸に多可町の紅葉を巡って帰路につきました。

                      晩秋のすてきな出会いに感謝です。

                      ありがとうございました。

                       













                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:122
                      最後に更新した日:2018/04/20

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM