初めての試み 朗読と落語のコラボレーション!

0

    私の話し方の先生、森恭子先生に出会えたことは、

    とても幸せでありがたい事でした。

    カルチャースクールの話し方教室で出会えた先生に、

    「来週もこの先生にお会いしたい」と思って

    通っているうちに10年が過ぎ

    やがて先生の教室を任せて頂くようになりました。


    それから長い長い年月が経ちました。
    話し方、マナー、朗読、

    そして何より人としてどうあるべきかということを教えて頂きました。

    私は、今も「こんな時先生だったら、どうなさるだろう」と思うことがよくあります。

    今は、この世ではもうお会いすることはできませんが、

    「どうしようか?」と思った 時は先生のお顔を思い浮かべて

    対処する私がいます。

    今も、先生は私を教え導いて下さっていると感じます。

     

    今回も、先生に導かれて初めての試みに挑戦することになりました。



     

    落語と朗読のコラボレーション

     

    日時:5月20日  午後2時〜

    場所:姫路 西二階町「七福座」

    入場料  無料

     

    実は、この朗読グループ「言音会」の広岡さんとは、

    かつて先生のお宅で一緒に朗読のレッスンを受けていました。

     

    私たちの読みをじっとお聞きになっていて

    「一音高い」「違う」と僅かの違いを指摘なさいます。

    私は、なかなかうまくできず一行読むだけで、レッスンが終わってしまうことも。

    広岡さんは、とても熱心で真面目な方で、

    そして何より読むのが大好きな方という印象でした。

     

    今回、久しぶりにお会いして恭子先生に朗読を教えてもらっていたという

    共通の繋がりで、「一緒にしましょう!」と言うことになりました。

    先生も、喜んで下さるかしら?

    空の向こうの先生に届くように、想いを込めて喋りますね。

     

    あなたもご都合がよろしければ、ぶらっとのぞきにいらして下さいね

     

    初めに「への用心」という朗読

    次に、同じ話を落語「牛ほめ」

    最後に、宮沢 賢治の「どんぐりと山猫」の朗読

     

    お待ちしております

     

    #落語 #朗読 #七福座 #姫路 #牛ほめ 


    田染設備工業株式会社様で接遇マナー研修を担当させて頂きました

    0

      風薫る五月。

      新緑も美しく、本当に気持ちのいい日々ですね。

       

      今年入社した新人さんたちはどうしているでしょうか?

      大型連休も終わり、それなりに自分のペースが作られているのでしょうか?

      それとも、出口の見えないトンネルを歩いているような気分でしょうか?

       

      この出口の見えないトンネルは、かつて私が新人の時に感じていた気分です。

      東京での訓練中「本当にいつになったら慣れるのかしら?」と、

      失敗を恐れて、おどおど泣きながら過ごしていました。

       

      あの頃の私に言ってあげたい。

      「大丈夫よ。誰もあなたのことをそんなに注目していないから。

      慣れれば、みんなできるよ。

      大丈夫よ。」

       

      でも、当時必死で身につけた事が、

      接遇マナー講師としての今の私を作り支えてくれています。

       

      頑張れ!新人たち。

      誰も、初めのうちは新人。

      初めからできる人は、まあいないから。

       

      さて、5月2日は、姫路の田染設備工業株式会社様での接遇マナー研修でした。

      新人の方2名を交えて、皆様本当に前向きに取り組んで下さいました。

       

       

      マナー研修というと、

      「そんな事わかっている。知っている。する時にはできる。」

      と、他人事のように聞き流している人もいらっしゃいます。

      が、こちらでは、皆様自分事としてとらえて下さいました。

       

      新人のお二人は、緊張した面持ちの中にやる気が見えて

      私も自分の新人時代を思い出して、心の中でいっぱいエールを送りましたよ。

       

      最後に皆様に一言づつこれから実行したい事を発表頂きました。

      こちらから指名しなくても、さっと手が上がってお話下さいました。

      あっという間に3時間が過ぎていきました。

       

      研修の後、皆さんの挨拶の声が大きくなっていたと

      嬉しいご報告も頂きました。




      頑張れ!新人たち!

      無理」という言葉は、封印しましょうね。

      私も、そうします!



       

       


      頑張れ!新人たち!

      0

        今年の桜は終わりましたが、 これからは、緑の美しい季節ですね。
        新入社員の皆さんも少しは、新しい生活に慣れたでしょうか?

        3月4月は、多くの新入社員の皆さんとお会いする機会に毎年恵まれます。

        4月、真っ白なカッターの襟も初々しい新人の皆さんに、

        これからの社会人としての日々がよいものになるように、

        精一杯応援するつもりで、毎回研修をさせて頂いています。

        先日は、芦屋市の新任の先生方の接遇マナー研修。

        会場に行ってみて、びっくり??
        なんと緑の多い建物なんでしょう。


        こちらの建物は、今は図書館の別館として使われているのですが、

        以前ははさる富豪の方が、銀行の建物だったものを移築して蔵として使っていたそうです。

        文化財というプレートがかかっています。


         

        庭も広く、係の方がご案内下さいました。

        お地蔵さんが祀られてありましたよ。




        歴史のある建物の持つ贅沢な雰囲気を十分味わう事ができました。

         

        この春、社会人になって皆さんがこの建物のように、

        ベテランの雰囲気を見につけるには、長い時間とたゆまぬ努力が必要でしょう。

         

        毎日まだまだしんどいでしょうが、頑張れ!

        もうすぐ、連休ですよ。


        ゆったりとおいしく頂く和食のマナー

        0
          4月10日、話し方教室の生徒さんのリクエストで、「和食のマナー講座」を開催致しました。

          その事を、ご参加下さった「ときめき片づけコンサルタント」の山田紀子さんが、ご自分のブログにお書き下さいました。


          このように感じて下さった事が嬉しいです。

          ・和食の基本の正しい箸つかい ・お茶碗の持ち方 ・料理の頂き方のポイントなど 他の参加者の方々は よくご存知だったので ほぼマンツーマンで教わりました。 ここまできっちりと 教わったのは初めてで 一生懸命やってしまい 肩に力が入りぎこちない〜 何を食べているかわからない〜 のりちゃん! まずは自分がゆったりと おいしく頂くことが大切よ! そうすれば 和食のマナーは 自然に美しくなるものよ! 和食の心は 五感をフルに発揮することよ! と栄味子先生がおっしゃる ふむふむお料理を 五感で感じおいしく頂くって 自分の感情を使いおいしく頂く おーーーーー! これって 自分の感情を使い ときめく=おいしく頂く ときめき片づけと同じだわ! まずはおいしく頂くこと まずはときめきを感じること そうそう それが一番大事なのよ?? そういえばみなさま おいしく頂いてはる 所作もマナーも自然で美しい! おーーーーー! ときめいている方々を! たくさん見つけました!」













          相生市「ふれあい広場」寄席

          0

            4月の日曜日に、相生市那波福祉協議会主催の寄席に参加させて頂くようになって、

            5年目になります。


            「初めてお伺いした時は、20才でしたのに、もう25才になりました〜」

            なんてマクラから始まったふれあい寄席。


             

            同じ桂出丸先生に、落語を習っている大阪の生徒さんのお誘いで

            今年も相生の皆様に、お会いできました。

            今年は、役員さんが高座に上がる階段まで、作ってくださってました!





            役員の方の手作りのお昼もご馳走になりました。



            菜の花やつくしが、季節を感じさせます。

             

            ご一緒させて頂いたお二人は、

            とても前向きに落語に取り組んでいらっしゃるのが

            節々に感じられます。
            お食事の間も、

             

            「なんで、あの子牛のところで、笑いがなかったのかな?」

            「もっと、はっきりゆっくりと際立たせないといけないな。」

             

            など、自分の話をさっそく振りかえり、次回への改善点を話し合っています。

            その熱心さに、私ももっと稽古しなければと、刺激を頂きました。

             

            また来年、今より上達している自分で再会したいと思います。

            ありがとうございました。


            寒さは笑いの大敵!!

            0

              春爛漫ですね。
              姫路城の桜も満開です。

              桜が満開の4月1日に七福座で、 「第3回白鷺寄席」を開催致しました。
              35名のお客様にお越し頂きました。
              ありがとうございました。

              番組は、 瀬戸内亭十八期(せとうちてい とやき)『 子ほめ 』

               


              ペナル亭キック『 犬の目 』

               

               

              中入の後に

               

              上がり家寿五六『 振り込め! 』

               

              生きがい亭城之介『 手水廻し 』

               

               

              今回は、私は出番はなく受付嬢? (嬢というのは無理と承知しておりますが)を

              勤めさせて頂きました。
              あとは、会場の空調管理係?!

              桜の季節は、朝・晩と、日中の温度が違うので、頭を悩ませますよね。
              何を着たらいいか、頭を悩ませます。

              この日も、屋外は、半袖シャツでいいくらいの陽気でしたが、

              室内はすこーしヒンヤリ。

              はじめは、七福座はエアコン無しでいたのですが、

              一番左の後ろの人が手に持っていたジャンバーを袖を通したのを見て、

              「やっばり、この中は冷えているわ。」と思い、3台あるエアコンの電源を入れました。

              私が落語を習っている桂 出丸さんが、以前こんな事をおっしゃってました。
              ある学校の体育館で行われた落語会で、お客様が、全然笑わない!
              どうしてか?とよく見れば、
              会場が寒くて皆さん歯を食いしばっていて、笑うどころでなかったとか。。


              寒さは、笑いの大敵ですね。

              けれど、この日は、もちろんエアコンの力もありましたが、

              お客様の笑いの力で会場は暖まりましたよ!

              ありがとうございました。

               

              次回は、10月28日に開催予定です。

              私も出ます。

              どうぞ、皆様お越し下さいね。


               











               


              和食のマナーを再点検してみましょう

              0




                今、まさに春爛漫。
                姫路城も今日明日は、お花見の人で賑わうことでしょうね。

                写真は、今朝の姫路城を東側から眺めたものです。
                満開ですね。

                花見といえば、「花より団子」の方も多いのでは??
                実は、私もそうかもしれません。

                花の下に座ったものの、一度も上を見上げすひたすら飲んで食べていた。
                なんてことがあったりして。。

                そう、人が集まるとやはり飲んだり食べたりして交流しますよね。
                そんな時、 美味しく頂きたいですね。
                そして、美しくも頂きたいものです。
                洋食テーブルマナーは、何かの機会に知ることが多いように思いますが、和食はどうでしょうか?
                あなたの箸使いは、どうでしょうか?
                お箸の取り上げ方は、どうしましょう?
                普段の食事で、見逃してしまっている和食のマナーについて、お食事を頂きながら、自分を再点検してみませんか?
                というわけで、今回 「和食のマナーの話&お食事会」を、下記のように開催します。

                日時 4月9日(月)11時半から
                場所 ホテル日航姫路 「川富」
                今回は、話し方教室の生徒さんを中心に行いますが、今後は広く参加を募って行きたいと思います。
                どんな会になるか、楽しみです。

                第3回白鷺寄席のご案内

                0
                  今年は、桜も例年より開花が早いようですね。

                  そろそろ、お花見の計画をあれこれ考えている方も、いらっしゃるかもしれませんね。

                  そういう方に、ご案内です。
                  姫路城への行き帰りに、ちょっと西二階町の七福座で、大笑いなさいませんか?
                  「笑いは副作用のない1番の薬」です。
                  お時間のある方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

                  当日、私は受付・呼び込み?担当です。
                  大声で叫びますよ!
                  「いらっしゃーい!いらっしゃーい!」


                  自己紹介で、落ち着いて名前を言えるようになりました。

                  0

                    3月14日(水)、加西市北部公民館の「話し方教室」。

                    今年度は、この日が最後の活動です。

                    今まで4年間続いていますが来年度からの講座は、

                    4月の受講生の人数によって確定されます。

                    さて、来年度はどうなるでしょうか?

                     

                    ともかく、今年度はこの日が一応の区切りです。

                    最終回の教室でする事は、決まっています。

                     

                    全員で、お茶とお菓子を頂いて「1年を振り返る」スピーチをする。

                    お菓子とお茶の準備は、1年間会計を担当下さったNさんが、ご用意下さいました。

                    お団子には、抹茶ラテを。

                    ケーキには、コーヒーを。と、お菓子に合わせて飲み物も工夫下さいました。

                    ありがとうございました。



                    いちごのロールケーキ!

                    美味しかったです。



                    司会、はじめの挨拶、乾杯の発声、終わりの挨拶を、その場のくじ引きで決めます。

                    皆様、当たった役をすぐ実践。

                    「ああだ、こうだ。」と言わずに自分が引き当てた役を潔く実行しようとする。

                    話し方を学んでいると、このような態度が身につきます。

                     

                    「まとまっていないのですが・・・」

                    「つまらない話なのですが・・・」と、話の最初に言い訳をするのは、やめましょうと

                    お伝えしています。

                    3分しかない時間のスピーチの最初に20びょうも30秒も言い訳をしていたら、

                    とてももったいないですよね。

                    ですので、言い訳はしない。

                    覚悟を決めて、話し出すと言うことを練習しているので、

                    くじ引きで何か当たった場合も、覚悟を決めて

                    取り組むという事になるのだろうと思って見ておりました。

                     

                    乾杯の後、しばしのもぐもぐタイム。

                    その後、全員で振り返りのスピーチです。

                     

                    その中でお一人の方は、

                    「自己紹介できちんとお辞儀ができて名前をフルネームで言えるようになりました。

                    4年かかりましたが、今はこれだけできれば後は何か一言二言加えたらいいので、

                    落ち着いて自己紹介ができるようになりました。」

                    とおっしゃいました。

                     

                    「よかったです。本当に、よかった!」と、このような振り返りをお聞きすると嬉しくなります。

                     

                    最後に、全員で記念撮影。

                    また、この素敵な皆さまにお会いできますように。



                    最近夢中になっている事

                    0

                      2月の加西北部公民館での「話し方教室」である生徒さんが

                      「最近夢中になっている事」をお話下さいました。

                       

                      何だと思いますか?

                      それは、字を書くことだそうです。

                       

                      小学生の次男が、習字を習いたいと言い出したので

                      私も一緒に習うことにしました。

                      字が汚ないとコンプレックスだったから、ちょうど

                      いい機会だと思って。

                       

                      すると、先生のお手本を真似して書くと字がきれいに

                      なるのです。

                      字を書くのが、とても楽しくなりました。

                      百均で、漢字練習帳というドリルを買ってきて

                      時間があるといつも字を書いています。

                       

                      もっともっと字を書くことができるようにするには

                      どうしたらいいかな?と考えてみて漢字検定を受けることにしました。

                       

                      私が漢字検定を受ける事に決めると、

                      長男もそれまであまり漢字に興味を持っていなかった長男も

                      「僕も受けたい」と言出しました。

                       

                      と、習字に出会い、感じに夢中になっている様子を

                      お話になりました。

                       

                      私は、赤字で書いたところ、

                       

                      「いつも字を書いている。

                      もっともっと字を書きたい。」というところがとても心に響きました。

                       

                      まさに夢中になって、ほかの言葉で言えば取り憑かれて

                      ペンを持っているのだろうとその姿が浮かんできます。

                       

                      何かに取り憑かれるように夢中になるって、素敵なことですよね。

                      (日常生活に支障が出るのは困りますが。)

                      そのお話をする彼女は、とても生き生きとして素敵でした。

                      そして、その姿は私にも何かに夢中になって取り組みたいという

                      気持ちを起こさせました。

                       

                       

                      もうすぐ、春。

                      何かのスタートを切るのにふさわしい季節です。

                      この春は、何かに取り憑かれてみたいと思った

                      「最近夢中になった話」でしたよ。

                       




                       

                       

                       



                      プロフィール

                      profilephoto
                      元CAで、落語が趣味の話し方・接遇マナー講師の河本栄味子です。
                      神戸新聞文化センター姫路で「話し方教室」を担当しております。
                      (第2・第4水曜日の午後1時半〜3時)
                      プロフィールをもっと見る
                      書いた記事数:154
                      最後に更新した日:2018/11/08

                      カテゴリー

                      最新記事

                      カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      バックナンバー

                      recent comment

                      ブックマーク

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM