役割に徹して

2月12日(日)神戸新聞文化センター姫路「話し方教室」主催の

模擬文化勲章受章祝賀会を開催しました。

 

模擬ですので・・・

ある方が、書道で文化勲章を受章したという設定で、

司会、乾杯、来賓、余興、など

それぞれの役を決めてそれに沿ったスピーチやパフォーマンスを練習して、

この日に発表するというものです。

 

海辺のすてきなホテルシーショアリゾートの真っ白なホールで、

参加者は、衣装はもちろん気分はそれぞれの役割に徹してますよ。

 

大人のごっこ遊びですね。

思いっきり非日常で楽しみました。

加西北部公民館の教室の皆さんもいらして下さいました。

KHK7(かさいほくぶこうみんかんの頭文字をとってKHK、

私を入れて7人のメンバー)で、歌を披露しました。

 

 

マジックを披露下さった方は、プリンセス・ミポコさん。

この日は、なんとラスベガスからいらして下さった!ということでした。

後ろの「ことばに愛」という書は、受章者役の方が

この場で書かれたものです。

 

 

楽しむと同時に、それぞれのスピーチやパフォーマンスを終えて

皆さん達成感と充実感を得られたようです。

最後に祝辞を述べた方曰く、

「スピーチが終わって飲んだジュースの美味しかったこと!」

 

皆さま、真剣に取り組んで下さって本当にありがとうございました。

 

さあ!

次は9月10日の合同発表会です。

今年は姫路が当番です。

今までにない企画を考えています。

また、一緒に楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は姫路が担当です。

今までと違う企画を考えています。

こちらにも、ぜひ挑戦下さ

 

 

 

2月12日は、KCC神戸新聞文化センター姫路の話し方教室主催の

「模擬文化勲章